1. TOP
  2. 忙しいママたちに!時短家事でもっと自由に暮らす5つのコツ

忙しいママたちに!時短家事でもっと自由に暮らす5つのコツ

 2016/03/14 暮らしのアイディア 生活
この記事は約 4 分で読めます。 191 Views

小さい子どもがいる家庭は、ママもパパ大忙し。子どもはかまって欲しがるし、大人だってゆっくりお茶くらい飲みたい。でも、やらなきゃいけないことは山積みで・・・やってもやっても終わらない家事ですが、工夫すれば短時間で終わります!時短家事でささっと終わらせて、今しかない親子時間を楽しみましょう。

 

まずはチェック

88610fce995f254c548c47ab607c4604_s

家事動線チェック

一見、そんなに距離はないように見えても、5歩、歩いて作業するのと、全く歩かず作業するのとでは全然違います。例えば、飛行機のコックピットの様に、作業をする場所に、必要な道具は全部そろっていますか?出しやすく、戻しやすいですか?

  • 洗濯する場所と、洗濯物を干す場所は近いですか?
  • 洗濯物を干す場所と、クローゼットは近いですか?

 

使っていない物チェック

4e1e7dcc1ec47e4b980175918f01579e_s

片づける定位置がない物や片づけるのが面倒で出しっ放しになっている物が、景色となっていませんか?それ、意外とあなたの邪魔をしています。家事動線を曲げていたり、良く使うものを置くスペースを占領していたりします。
再び使うものなら片づけたり、定位置を作ってあげましょう。使わない物は処分しましょう。物が減れば、それだけ家事時間も減ります。

作業効率チェック

c1a7f7e219fac83280bd798392c0bd1b_s

掃除機は一般的に重いです。掃除機をかけながら、何かを動かすのは楽ではありません。できるだけ何も動かさずに掃除機をかけれる部屋にしましょう。どうしても床に置く方が便利なものは、キャスター付きにしたり、キャスター付きの台の上に置くなどして、片手で動かせるようにしましょう。

当たり前を忘れる

093f1cdfd20aff8e26c6be31639b1b26_s

子供のころからやっていた、実家ではそうしていた、など当たり前だと思って、面倒なことをしていませんか?

 

キッチン

fd801ae6a9177daab7448f9925524741_s

包丁は、本当にそこにあるのが便利ですか?
例えば「食器棚に食器」というのは、子供のころからのすり込みです。お皿は重ねず、立てて収納する方が楽ですし、子供がよく使うコップは出しっ放しでも良いんです。頭の中をニュートラルにして、知恵を絞り、どこに置くのが短時間で済んで楽なのか考えましょう。

 

乾いた洗濯物

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s

少々しわになってても困らない肌着、思い切ってたたまないという選択肢もあります。基本的にハンガー収納にして、家族で一つのクローゼットにすれば、家事動線は激減です。それぞれの部屋まで届け行かなくて済めば、どんなに楽でしょう。
部屋干ししている人は、できるだけ近くにカゴや引き出しを置き、少々しわになっても構わない物を入れると楽ですよ。頻繁に使う物は、カゴ収納でも十分です。

他の人を頼る

家族を頼る

無題の図形描画 (16)

小さなお子さんは無理でも、パパや小学生にはしっかり家事に「手伝い」ではなく、「参加」してもらいましょう。
食器を洗うのも、玄関を掃くのも、別にママの仕事ではありません。みんな家族の一員なのです。子供にとっても大切な学びになりますよ。ポイントは家事の合格ラインを下げることです。

便利グッズを頼る

5af919586694263e3a4360a255d082b5_s

短時間で作業でき、手入れが簡単な道具は家事時間を減らしてくれます。便利な調理器具や食洗機、お掃除ロボットだって、可能なら頼ってしまいましょう。

外注する

84e935fac2cbe7fdf270b4ebd7c57797_s

家事の外注といえば、家政婦さんやお掃除業者をお願いするイメージがありますが、生協や通販だって外注と言えるのではないでしょうか。いわば「買い物代行」ですね。食材の買い出しなどにかかる時間は、移動時間やレジ待ち時間などロスも多いのです。赤ちゃんのいる家庭では、オムツは通販で買うと楽ですね。LOHACOなら、注文時間によっては翌日配送してくれます。

自分に挑戦する(時間を計る)

e7d804eba8bc70269d6863c72efbdba0_s

家事時間を減らすための工夫を思いつく限りした後は、いかに手早くこなせるかに挑戦します。タイムを計って、昨日の自分より早く終わらせるゲームをするつもりで作業してみましょう。何も考えないで作業するのとは大違いです。試しに洗濯物を干す時などに挑戦してみて下さい。

まとめ

無題の図形描画 (15)

家事時間を減らすためには、作業を減らすことです。合格ラインを下げたり、移動距離(動線)が短くなるだけで、ずいぶん効率が良くなるのを実感できると思います。時短家事で自由時間を作って今までやりたかったことをしたり、子供に絵本を読んであげたりできますね。また家族と協力し合うことで、家庭も更に円満になるかもしれませんよ!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

viento

保育園児、小学生、中学生の3児のママ。41歳。
広い空を見るのが大好きな気象予報士です。
趣味は、お片付け研究、風景写真撮影、天気予報。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 遊びも収納も!カラボDIYでドールハウス&ごっこスペースにリメイク

  • 材料4つでできる超簡単おうち実験!気圧計で遊びながら空気を学ぼう!

  • スマホが顕微鏡に!?屋外でも楽しめる簡単操作のポータブル顕微鏡5選

  • 簡単ベランダでイチゴを育てよう!ストロベリーポットの使い方と栽培方法まとめ

関連記事

  • ペットボトルキャップでミニ帽子の作り方!ハロウィンの仮装にもおすすめ

  • Androidスマホ、ステータスバーの星マークは何?消し方は?地震速報と関係あるの?

  • 専業主婦に生命保険は必要ない?年収0円の考え方と死亡保障見直し

  • 子連れ引越しでも大丈夫!転勤族が実践する引越し荷造り12のポイント

  • 100均の造花で花冠を手作り!誕生日にピッタリ簡単・可愛い花冠の作り方

  • 手作りポケットティッシュケースでママの女子力アップ!