1. TOP
  2. 海外の誕生会ってどんな事をするの?フランスキッズの誕生日パーティー事情を公開

海外の誕生会ってどんな事をするの?フランスキッズの誕生日パーティー事情を公開

親子で楽しむ イベント
この記事は約 3 分で読めます。 162 Views

子どもが幼稚園や小学校に通うとお友達もたくさんできますよね。年に一度の特別なお誕生日には、お友達も招待してお祝いしてあげたいもの。今回は、私が住んでいるフランスの子供たちの誕生会をちょっと覗いてみましょう。

何歳から?

もちろん家庭の方針にもよりますが、お誕生会を開くのは女の子の方が早いようです。年長さんや小学生だと大勢の子がやっていますが、お兄ちゃんお姉ちゃんがいる子は早く自分の誕生日会を開きたくてうずうずしているのかも。年少さんでも誕生日会を開く子もいます。

いつ?

誕生会を行うのは、土曜の午後や、学校の授業がない水曜の午後に開かれることが多いです。誕生会の時間としては、だいたい2時間から3時間、おやつタイムに行われます。

招待は?

誕生会の数週間前から招待状が渡されます。開催日時や場所のほか、主催者の電話番号が書いてあります。

招待されるのは子どもだけ!人数などの都合により招待客の親にも同席してもらう場合を除いて、年少さんでも親は送り迎えのみです。

どこで?

自宅で

Group of adorable kids having fun at birthday party

誕生会を開く場所として一般的なのはお家。お家のキャパシティに合わせてお友達を招待します。もちろん準備や飾り付けも自分たちで。フランスにもパーティー仕様の紙コップや紙皿などがたくさん売られています。

誕生会で出されるおやつは手作りの誕生日ケーキのほかチップスやチョコレートなど。お土産に小さなおもちゃやキャンディーなどをもらってくることもあります。

用意は大変ですが、主役の子供を喜ばせるためならお母さんも張り切ります。ピエロなどお家に出張してくれる子供向けのショーをしてくれるサービスも喜ばれます。

ファーストフード店

feter-anniversaire-mcdo

手軽にきできるのがマクドナルドなどのファストフード店を利用するもの。大きな店舗には子供の遊技場がついているので、そこと付近のテーブルを貸し切ります。誕生日パーティープランが多くの場合用意されていて、土曜や水曜には大盛り上がりの子供たちをよく見かけます。

室内アスレチックパーク

1-xlarge-d689fd145fb18c5becdb2c834e9da3ae

大型の室内遊技場がある場合、こちらでの開催も子供達には大人気。おやつの用意やデコレーションなども施設側で用意してくれるので、忙しい主催者側の親としては大助かり。子供たちも天気に左右されず思い切り体を動かして遊べて大満足です。

サーカス

以前人気の習い事としてもご紹介したサーカスは、お誕生日会も開けます。初めての子供でもスタッフが丁寧に教えてくれるので空中ブランコなどもできてしまうとか。小学生以上の子供にはいいかも。

まとめ

ここにご紹介した以外にも、親は楽しい誕生日パーティーの準備に余念がありません。毎年趣向を変えて子供を喜ばせたい、そんな親の心は万国共通ですね。

これが思春期を迎えるとパーティーも親には内緒で自分で企画して、大人の階段を上っていくのです…。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

pompon

pompon

倉敷市出身。留学のためパリに渡り、その後結婚。フランス在住11年になりました。フランス人の夫と4歳の娘、猫とともにブルターニュ地方に暮らしています。プロとしてクラシック音楽の仕事をしていましたが、出産を機に現在休業中です。趣味はカフェ巡りや雑貨店巡り、マスキングテープ集めなどです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 被らない出産祝いの参考に!フランスの出産祝いで喜ばれるリストドネサンス

  • たかが家事。されど家事。フランスの家事事情

  • ママにとっては恐怖!?乳幼児連れ飛行機旅の完璧チェックリスト

  • スウィッチェルにマンタロー!フランスママがホッと一息する飲み物まとめ

関連記事

  • レンタルでもOK!子どもの七五三、ママの着物の選び方

  • 家でできる理科の実験!①花の着色②水は茎の中を反対の方向にも動くの?

  • 【親子工作】はさみの練習にもぴったり!色画用紙で簡単クリスマスリースの作り方

  • 小学生にもおすすめ!超大型塗り絵「NuLIE(ヌーリエ)」をやってみよう!

  • 今年は親子で野菜を作ろう!甘い甘いトマトの育て方4つのコツ

  • 年末年始のETC割引はどうなる?長距離移動も下道利用がオススメ?