1. TOP
  2. 新しい食材にチャレンジ!2歳代の幼児食レシピ♪【主菜&副菜】

新しい食材にチャレンジ!2歳代の幼児食レシピ♪【主菜&副菜】

食事
この記事は約 4 分で読めます。 420 Views

2歳代を迎える子供たち・・・ずいぶん成長したことを感じるパパやママも多いことでしょう。おしゃべりが上手になったり、手づかみ食べだけでなく、上手にスプーンやフォークを使うことができるようになってきます。そんな中で、ゴハンについてはどの年代の子どもでも悩むもの。毎日のことですし、いつもいつも子どもの好きなものばかりでなく、ちょっとチャレンジして、新たな食材も食べてほしいのが親心ですね。今回は、そんなことも織り交ぜながら、おいしいゴハンのレシピをご紹介します。

2歳代の子どもの様子

d1589a62b367d985a3151a9e11434ed6_s

2歳代になってくると平均して、奥歯も生えてきてかむ力が強くなってきます。それで、食べることのできる食材の幅も広がってきます。だからと言って、無理やり食べさえてしまうと好き嫌いを増やしてしまう原因にもなるので注意を!!ちょっとした工夫でおいしく食べてくれると思います。

生活のリズムやマナーも教えてあげることができる年代でもあります。もちろん、まだまだ遊ぶことに夢中にありすぎることも多いので、ゴハンの時間やお昼寝の時間などがずれて、リズムが崩れてしまうことも。遊びに夢中な時でも、子どもの遊びが区切りのつきそうなところでゴハンに誘ってみることができます。

我が家では食卓に料理を並べだしたときに、もうすぐだよ~と声掛けをしておくと、遊びの途中でもいったん中断してすぐにきてくれるようになりました。

主菜

a0d5519ba4d8c3db2f190187c81b526f_s

和風ミートローフ

材料;鶏ミンチ・木綿豆腐・玉ねぎ・ブロコッリー・溶き卵・のり

作り方;玉ねぎはみじん切り、ブロコッリーは小房分けゆで、豆腐は水切りをしておき、ボウルにパン粉、ミンチ、玉ねぎ、豆腐を加えよく混ぜておく。巻きすの上にのりを置き、小麦粉をふり、混ぜたものをのせ、上にブロッコリーをちらし、手前から巻き、フライパンを弱火にかけ、12分ほど焼き、一口サイズに切り分ける。大人用には練りからしを添えても◎

大根の肉そぼろあんかけ

材料;鶏ミンチ・大根・玉ねぎ・にんじん

作り方;大根は1センチの角切り、玉ねぎとにんじんはみじん切りにし、大根を柔らかくなるまでレンジでチンしておき、フライパンで玉ねぎ・にんじんを炒め、だし汁を加え、柔らかくなるまで煮、しょうゆと砂糖で味付けをし、水溶き片栗粉でとろみをつける。お皿にい大根を盛りつけ、上から肉そぼろあんをかける。大人用には七味唐辛子をふりかけても◎

白菜とツナの水餃子

材料;白菜・ツナの水煮缶・餃子の皮

作り方;白菜はみじん切りにし、缶詰の汁気を切ったツナと混ぜ合わせ、餃子の皮で包み、熱湯で5分ほどゆで、だし汁としょうゆを合わせたものをかける。大人用にはラー油をかけても◎

豚肉とトマトのみそ炒め

材料;豚薄切り肉・トマト

作り方;トマトは一口大に、豚肉は5ミリ幅に切り、片栗粉をまぶしておき、まず豚肉を炒め、火が通ったら、トマトを加え崩れ始めたら、みそ・砂糖・水をあらかじめ混ぜておいたものを入れて汁けがなくなるまで炒める。

副菜

fd3685a7be7bf2fa595f69aae0e675c4_s

ハムのせガレット

材料;じゃがいも・ハム

作り方;じゃがいもは皮をむき、千切りにし水にさらし、ハムは1センチほどの角切りにしておく。フライパンにバターを溶かし、水気をふいたじゃがいもを入れ、上にハムをのせて、じゃがいもに火が通るまで両面焼く。食べるときにケチャップを添える。

かぼちゃとベーコンの炒め物

材料;かぼちゃ・ベーコン

作り方;かぼちゃは5ミリほどの厚さに、ベーコンは1センチくらいの幅に切り、かぼちゃが柔らかくなるまで炒める

豆サラダ

材料;ミックス豆の缶詰・きゅうり・トマト

作り方;豆は熱湯で3分ほどゆで、荒くつぶしておき、きゅうりは皮を縞目にむいて小さめの輪切りにし、トマトは皮を湯むきして小さめ角切りにし、ボウルに酢・塩・油を入れて混ぜ合わせ、材料をすべてあえる。子どもの分は豆の皮をむいておくと誤飲を防げます。

切干大根

材料;切干大根・にんじん

作り方;切干大根は水でもどして、短めに切っておき、にんじんも短めの千切りにしておく。鍋にだし汁・みりん・しょうゆを煮立て切干大根とにんじんを加えて、柔らかくなるまで煮る。

まとめ

SW142_L

ご紹介したレシピは、筆者も実際に何度も作りました。子どもが大きくなってきても作れるものですし、野菜も冷蔵庫にあるものにアレンジすることで幅も広がります。

子どもが少しずつ成長しているのは、こうしたゴハンの内容からも感じますね。毎日のことなので、今日はどうしようか?考えることが多い内容ですが、子どもの笑顔のため、成長のためにも、楽しんでゴハンの時間を過ごせますように♬

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

sa7so-mama

sa7so-mama

大阪府出身。5歳男の子・2歳女の子の育児に奮闘中の専業主婦。滋賀県の琵琶湖沿いに住んでいたときには、二人の子どもと毎日のように琵琶湖を満喫!現在は大阪へ戻り、夫の実家で同居・・・時間があると、パンを焼いたり、ケーキやお菓子作りをしています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ギミックケーキ(かくれんぼケーキ)作り方レシピ!パーティにも!

  • 滋賀県高島市のマキノ高原のココがすごい!どの季節でも自然を満喫できる♪

  • ベビーベッドおもちゃ収納!使わなくなったベビーベッドリメイク!

  • 絵本カバーリメイク!使い終わった絵本をリメイクしてみよう!

関連記事

  • 理科の実験!カッテージチーズ(牛乳・低脂肪乳)・豆乳チーズの作り方

  • 簡単愛情たっぷり!楽々お弁当おかず☆詰めるだけ&自然解凍レシピまとめ

  • 苦手なものにもチャレンジ!3歳代のゴハンレシピ【主食&汁もの】

  • 名古屋モクモクファームバイキング!離乳食もあっておすすめ!

  • 子どもにも安心!ハーブコーディアルでジュース作りはエルダーフラワーがオススメ

  • 子供の野菜嫌いを克服する3つの方法