1. TOP
  2. 10代で妊娠出産したママが苦労する4つの事、その解決策は?

10代で妊娠出産したママが苦労する4つの事、その解決策は?

 2016/05/31 育児 子育て
この記事は約 4 分で読めます。 550 Views

私は16歳で妊娠、17歳で出産と10代での妊娠出産を経験し、18歳の現在0歳の娘を育てています。
10代を中心とした若いママが増えていますが、まだまだ多いとは言えない状況。
そんな中、悩み事や不安な事、子育てをしていく上でわからない事があってもなかなか相談も出来ず、解決策が見つからないと言うママが多いのではないでしょうか?
日々頑張っている若いママさん達の為に私が考える悩みの解決策を載せたので参考にしてみてください。

お義母さんとの付き合い方

旦那さんとのお義母さんと上手くいかない方、多いのではないでしょうか?
これは若いママさん達だけでなくそれ以外の人にも言える事ですよね

家事を手伝う

家事を手伝えば相手の日常の行動の負担が減り
自分の印象も良くなります。

感謝の言葉を度々伝える

日頃の感謝を伝えるのもいいですし何かを贈るのもいいと思います
物を贈る時は相手の好きなものに合わせて臨機応変に対応すると尚、いいと思います。

 

周りの20代〜40代ママさん達と、どう仲良くなる?

10daimama1

10代だと出産している友達も少なく、身近に接するママさんも20代から40代が多くなります。
20代から40代のママさん達と仲良くなる方法を3つ

仲良くしたい人の子どもを褒める

自分の大切な人、家族を褒められて嫌な思いをする人は少ないと思います。
そこからその子どもの洋服や顔など、些細な事でもいいので褒めると相手もいい気持ちでいれるので
そこから仲良くなれると思います。

行事や話し合いには積極的に取り組む

何事にも前向きな姿勢を見せればこの人なら安心して色々な事を任せられる。
と頼りにしてくれ話す機会が多くなり徐々に仲良くなれると思います。

いつも笑顔でいる

第一印象は3秒で決まる。とよく言われています。
笑顔でいると〈悪い人〉と思う人は、あまりいませんよね?
それに、笑顔でいると自分も楽しい気持ちで相手に接する事が出来るので打ち解けあえるのが早いと思います。

子育てでわからない事、不安な事がある

はじめての育児で不安な毎日、誰に相談すればいいの?
顔を知られている人に相談できない。
友達に相談するとどう思われるかわからないから不安。
など知人に相談する事に抵抗がある場合には

子育て支援センターやママさん110番に相談

フリーダイヤル(電話代無料)のエンゼル110番などに電話相談をすると言う方法があります。
名前を名乗らず顔も見られなくてよいので顔を知られたくないと言う場合も気軽に相談できます。

病院の先生に相談する

自分が子どもを産んだ産婦人科や、かかりつけの小児科の先生などに聞いてみるのもいいですよ。
沢山の方が診察を受けに来るので
子どもが熱を出した
子どもが頭を打った
などの対処法はもちろん
あなたの悩みもきいてくれます。

周りの視線が気になる

10daimama3

若いママさん達が少ない環境なら他のママさん達には理解が難しい事が沢山あると思います。
なので文句や陰口を言われるかもしれません。
でも、大丈夫です

理解を得ろうとしなくていい

あなたの人生を長い目でみた時、その相手の人達があなたと関わる期間は僅かです。
その期間が、いくらきつくても辛くてもあなたには最愛の子どもがいますから落ち込まなくて大丈夫です。
子どもは子ども同士で仲良くなるので大人同士まで無理に仲良くなろう理解をしてほしいなんて思わなくて大丈夫です。

無理にでも仲良くする

気にしないなんて無理、理解してほしい、ママ会の輪に入りたい

という方は最初はどう思われてもいいので自分の中身を知ってもらう事が大切です。
考え方の幅が狭いので理解ができないんです。
それなら自分が考え方の幅を広げてあげる事。
積極的に行動ができる方であれば相手に話しかけて自分なりに相手に理解を求めてはいかがでしょうか?

まとめ

10daimama2

ママになるという事は、覚悟が必要です。
どんなに嫌な事があっても目の前の事から逃げてはいけません。
常に子どもにとっての幸せを考えて行動しなくてはなりません。

その幸せは自分が何をされたら幸せと思うかではないです。

自分が、こうされて幸せだから
この子もこうされたら幸せだろう

という考えではなく
常に子どもの表情をみて
子どもが笑顔でいれるように行動してあげましょう

こどもにとってお母さんはあなただけです
こどもは、あなたが思っている以上に
あなたの事を愛しています
こどもはあなたを必要としています
なので周りの事は二の次でこどもの為にどうあるかを考えると少しは楽になるのではないでしょうか
何においても限界まで無理をする必要はないので気を負わないようにしてくださいね

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Nachun.

Nachun.

16歳で妊娠、17歳で出産
韓国の一部のsingerと韓国海苔をこよなく愛す、0才の娘をもつ18才の未成年ママです!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事や育児のストレス肌の悩みを改善!ぷるんぷるんな美肌ママに変身しよう!

  • 長崎に来て子どもに後悔させない5つのレジャースポット

  • 10代で妊娠出産したママが苦労する4つの事、その解決策は?

関連記事

  • 抱き癖は育児に悪影響?祖父母手帳で義母納得!だっこには不思議な力がいっぱい!

  • ディズニーキャラクターの折り方を写真で説明♪折り紙でディズニーハートクリスマスリース作り方

  • トイレ犯罪!子どもが犯罪に巻き込まれないために親が出来ること

  • ミニ帽子の作り方!トイレットペーパーの芯で簡単手作り!

  • 心配しないで!幼少期に見られる「空想の友達」がもたらす効果

  • 子育てにイライラした事がある?→ YES90%以上。「今」は「未来」をもっと魅力的にしてくれるはずです。