1. TOP
  2. 小学生におすすめ簡単理科の実験!塩の結晶の作り方レポート

小学生におすすめ簡単理科の実験!塩の結晶の作り方レポート

親子で楽しむ 教育 自宅学習
この記事は約 3 分で読めます。 4,252 Views

現在小学校では、3年生になると理科の授業が始まります。私の子どもがちょうど3年生なのですが、理科の授業はすごく面白いようで、色々なことに興味を持ち始めました。今回は、「塩の結晶を作りたい!」という子どものリクエストに答えて、家で挑戦した様子を記事にまとめています。材料も少なくて簡単にできる理科の実験です。

用意するもの

・コップや容器

・塩(家庭にある普通の塩)

・水(水道水)

・スプーンなど混ぜるもの

塩の結晶の作り方

①コップなどの容器に100ccの水を入れ、そこに塩を40g入れてしっかりと混ぜます。

※水にこれ以上塩が溶けない「飽和食塩水」を使うことで結晶ができます。

005

②①でできた塩水を浅い容器に入れて日当たりの良い場所へ置き、水分が蒸発して塩の結晶ができる様子を観察していきます。

観察記録

・2日後…早くも小さな塩の結晶ができ始めました。

%e7%bf%8c%e6%97%a5

5日後…水分が蒸発して少なくなってきました。塩の結晶は少し大きくなりました。

5%e6%97%a5%e5%be%8c

・11日後…水分がさらに減りました。塩の結晶はひとまわり大きくなりました。

11%e6%97%a5%e5%be%8c2

・13日後…水分はほとんどなくなりました。塩の結晶もたくさんできていますね。

13%e6%97%a5%e5%be%8c

・14日後…容器から塩の結晶を取り出して並べてみました。大きさは、8ミリ前後のものが多いです。

002

少し見づらいので絵に書いてみると、塩の結晶はこんな風にサイコロ状の美しい形をしていました。

004

一緒にチャレンジした8歳の子どもは、「宝石みたいでキレイ!」と興奮していました。

塩の結晶ができるしくみ

食塩は、塩化物イオンとナトリウムイオンが結合した塩化ナトリウムです。

塩の結晶は、ナトリウムイオンと塩化物イオンがお互いに引き合いながら規則的に並ぼうとする性質を利用して作られています。そのため、きれいなサイコロ状の形になっているのですね。

まとめ

簡単にできる塩の結晶作りは、子どもの自由研究や自宅学習、雨の日のおうち遊びなどにもおすすめです。私のように文系のお母さんやお父さんでも大丈夫なので、気軽にチャレンジして楽しんでみてくださいね。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

メミ

メミ

8歳になる子どもがいます。
趣味はヘルシー料理作り。好奇心が旺盛です。
子育て中に国際薬膳食育師3級、ホールフードジュニアマイスター、環境カオリスタなどを取得しました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 子どもの身長を伸ばす方法はあるの?我が家の実践法

  • 小学生の発泡入浴剤実験!二酸化炭素を集めよう!おすすめ!

  • 「一人っ子はかわいそう」は本当?私が8年間の子育てで感じたこと

  • サンタさんの住所って?カナダのサンタクロースに英語で手紙を送ってみたら返事がもらえた!

関連記事

  • ミニ帽子の作り方!トイレットペーパーの芯で簡単手作り!

  • 幼稚園児も弾ける簡単なピアノ曲!季節の歌4曲は短くてシンプル

  • 【動画有】誰もが口ずさんでしまう、フランスの定番童謡5選

  • 秋はキャンプのベストシーズン! 子供との距離がぐっと近づく秋キャンプの魅力と服装注意点

  • お手玉効果で脳の発達と活性化!情緒を育む昔遊びをしませんか?お手玉の簡単な作り方

  • お部屋も思考もスッキリ!簡単3ステップで学用品のお片付け