1. TOP
  2. 世界中で大人気、エリック・カール!親子で楽しむ英語の絵本10選

世界中で大人気、エリック・カール!親子で楽しむ英語の絵本10選

エリック・カールのはらぺこあおむしといえば、もう世界中で大人気の絵本ですよね。

日本語にも訳されているので、小さなお子さんを持つご家庭では、ご存知の方も多いかもしれません。

英語圏の子どもたちなら、一度は読んだことのあるエリック・カールの名作ですが、実は彼の絵本で人気なのは、はらぺこあおむしだけではありません。

筆者の住むシンガポールでも人気の、エリック・カールの絵本10作品を、ご紹介します。

エリック・カール 著

The Very Hungry Caterpillar (はらぺこあおむし)

Theveryhungrycaterpillar

表紙引用元:Amazon

日曜日の朝に生まれたあおむしは、お腹がぺこぺこ。月曜日にりんご、火曜日に梨、水曜日にすももと、いろいろなものを食べて成長していきます。

仕掛け絵本になっていて、あおむしが食べたところには穴が空いています。色鮮やかな絵を楽しみながら、食べ物、数、曜日などの英単語を覚えられそうですね。

From Head to Toe (できるかな?―あたまからつまさきまで)

fromtoptotoe

表紙引用元:Amazon

ペンギン、キリン、バッファローと、たくさんの動物が登場します。それぞれの動物がいろいろな動きを見せながら、「君はできる?」と聞いてきます。不思議と真似をしたくなるので、できるよ、できるよ、と絵本に合わせて真似っこ遊びができます。大人も一緒に動物の動きを想像しながら、体を動かしてみてはいかがでしょうか。

1, 2, 3 to the Zoo (1、2、3どうぶつえんへ)

123tothezoo

表紙引用元:Amazon

ゾウ、カバ、キリンなどの動物たちが、汽車に乗って動物園へ。子どもたちの大好きな動物たちが色鮮やかに描かれ、ページをめくるたびに動物の数が増えていきます。この絵本には文字は出てきませんが、動物の種類や数を、敢えて英語で言って親子で楽しんでみてください。文字がない分、楽しみ方は無限大です!

Today Is Monday (月ようびはなにたべる?)

todayismonday

表紙引用元:Amazon

今日は、月曜日!月曜日は何食べる?と、月曜日から日曜日までの1週間の食べ物を動物たちが紹介します。この絵本は、アメリカのわらべ唄から作られています。絵本を読んだ後は、わらべ唄を聞きながら絵本を開いて、また違った楽しみを感じてみてください。リズムにのって楽しく読んで、歌って、食べることの楽しみも教えてくれる1冊です。

Papa, Please Get the Moon for Me (パパ、お月さまとって!)

papapleasegetthemoonforme

表紙引用元:Amazon

お子さんが少し大きくなってきてからは、ストーリー展開が楽しめる本も良いですよね。「パパ、お月さまとって!」と娘に頼まれたお父さんが、梯子を作ってお月さまを取りに行くお話です。仕掛け絵本で、梯子が伸びていく様子や、お月さまが大きくなる様子も楽しめます。空の高さや、月の満ち欠けを体験的に教えてくれます。

Do You Want to Be My Friend? (ね、ぼくのともだちになって!)

doyouwanttobemyfriend?

表紙引用元:Amazon

小さなねずみが、「ね、ぼくのともだちになって!」と、いろいろな動物に声をかけていきます。ねずみと一緒にお友達を探している気分でページをめくっていくと、次々に出てくる動物にワクワクします。次に出てくる動物が何か、親子で想像したり、当てっこしたりして楽しめる1冊です。

The Artist Who Painted a Blue Horse (えをかくかくかく)

theartistwhopaintedabluehorse

表紙引用元:Amazon

「ぼくは、絵かき。ぼくがかくのは、青い馬、赤いワニ、黄色い牛…」と次々に登場するのは、現実にはあり得ない色の動物たち。自由に絵を描くことへの想いが込められた、エリック・カールの原点と言われている絵本です。馬は何色?ワニは何色?というように、語りかけながら絵本を開いてみるのも楽しいですね。固定観念にとらわれず、自由に表現することを教えてくれる1冊かもしれません。

 

ビル・マーティン 著/エリック・カール イラスト

以下の3作品は、著者はビル・マーティン、イラストがエリック・カールによる絵本ですが、どれもカラフルな絵と、リズミカルな文で書かれているので、子どもたちが喜んで何度も読みたくなる作品です。

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? (くまさんくまさんなにみてるの?)

brownbearbrownbearwhatdoyousee?

表紙引用元:Amazon

エリック・カールらしい色鮮やかな動物たちが、ページいっぱいに描かれています。ストーリーは簡単ですが、次へ次へと繋がっていく展開が楽しい絵本です。文章のフレーズはテンポ良くリズミカルで、歌を口ずさむように楽しく読むことができます。

Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear? (しろくまくんしろくまくんなにがきこえる?)

polarbearpolarbearwhatdoyouhear?

表紙引用元:Amazon

迫力のある色鮮やかな動物たちが、次々に登場します。動物たちの鳴き声を真似しながら読んでいくと、楽しさが広がっていきます。普段日常ではあまり使わないような単語もたくさん出てくるので、読んであげる大人のハードルも上がってしまいますが、内容は難しいものではありません。英語での動物の鳴き声表現は、日本語とは違うものがほとんどです。そんな違いにも目を向けて、お子さんと一緒に楽しんでみてください。

Panda Bear, Panda Bear, What Do You See? (パンダくんパンダくんなにみてるの?)

pandabearpandabearwhatdoyousee?

表紙引用元:Amazon

この絵本は、”Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?(くまさんくまさんなにみてるの?)”と、とてもよく似たストリー展開で、リズムよく読める楽しい作品ですが、子供たちにとってあまり馴染みのない動物たちも出てくることに気がつきます。この絵本は、絶滅のおそれがある野生動物たちへの想いが込められています。動物や、自然を大切にする優しい気持ちを一緒に育める1冊です。

まとめ

いかがでしたか?

色鮮やかなエリック・カールの絵本は、見ているだけでもワクワクしますし、子どもたちの想像力を豊かにし、独創力を高めてくれるかもしれません。

子どもたちの親しみやすい色や動物がたくさん登場し、単語もシンプルでわかりやすいものが多いです。親子で楽しみながら英語を取り入れていけるので、是非手にとって読んでみてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

vivifromngo

名古屋出身。現在はシンガポール在住。在住歴12年。夫と1歳の娘と暮らす主婦です。趣味は旅行、ヨガ、カフェ巡りなど。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 毎日の絵本タイムに英語絵本を!イギリス人児童文学作家アンソニー・ブラウン作品6選

  • 人気イギリス人作家、エリックヒル!シンガポールで人気の英語仕掛け絵本7選

  • 【材料費500円】手作りクリスマスリースの作り方!シンガポールでも100均ダイソー♪

  • パティシエ直伝!手作りクリスマスケーキレシピ☆!オシャレなシューノエルの作り方

関連記事

  • 動画で解説!妖怪ウォッチジバニャン描き方のコツ伝授します!

  • 【無料絵本】胸熱ストーリーに大人も夢中!「森の戦士ボノロン」の魅力とは?

  • サンタが街にやって来る(Santa Claus is coming to town)の歌詞をカタカナ読み

  • 室内で遊べると話題の砂が100均で買える!?ダイソーの「魔法の砂」が楽しい!

  • 【木耳・心太・天牛】すべて小学校で習う漢字!難読漢字ミニクイズ30問

  • フランスの幼稚園は日本の幼稚園と大違い!入園式も卒園式も無い