1. TOP
  2. 炭酸入浴剤を手作り!重曹とクエン酸のバスボムの作り方

炭酸入浴剤を手作り!重曹とクエン酸のバスボムの作り方

 2017/01/17 親子で楽しむ 教育 工作 ハンドメイド
この記事は約 2 分で読めます。 417 Views

寒くなるとカサつくお肌ですが、重曹とクエン酸で簡単に作れて子どもにも嬉しいシュワシュワ入浴剤(炭酸バスボム)の作り方を紹介します。これなら小さい子どもが万が一飲んでしまっても害は少ないと思います。大人用にアロマやダイエット効果なども工夫して手作りのバスボムで自分だけのホッと出来る時間を楽しんでください。

炭酸入浴剤バスボム:基本の材料

●重曹100g

●クエン酸50g

●片栗粉50g

●ボール

●霧吹き(水少量)

●サランラップ

(あれば楽しく手作りできる材料)

●蜂蜜、精油、食紅、型(シリコンのものが取り出しやすいです。子どものガチャの容器などでも大丈夫ですがかなり取り出しにくいです)  

炭酸入浴剤バスボム:基本の作り方

①ボールに重曹とクエン酸を入れて軽く混ぜます。そこに少しずつ霧吹きで水を加えなから、混ぜます。

注1 この時少しでも水が多いと少しずつシュワシュワと溶けてしまいます。最近子どものおもちゃでお家の中で遊べる砂がありますが、感覚としてあんな感じくらいになると水が多過ぎたと思ってください。画像は、水入れすぎでカップにいれても膨らんで来てしまって溢れている画像です。

(画像2)

そのときは、全体を少し潰し固めるようにしてボールに入れたままサランラップをかけて冷蔵庫で1時間くらい冷やしてください。

②少し手に取り握って固まるくらいになったら、手でまるく握る又は、好きな形の型に入れて上から固まるようにぎゅっと押し固めてください。それを少し放置して完全に固まって表面がサラサラになったら完成です。

(画像)

まとめ

こどものガチャガチャの容器の場合は、取り出そうとすると半分に割れてしまったり崩れてしまう可能性が大きいので、穴が開いている入れ物であれば、そのまま取り出さないで、お風呂にいれた方がオススメです。

肌が弱い子どもにも使えるバスボムなのでたくさん作って遊んでください。重曹はお掃除にも使えるので、そのままお風呂の残り湯を洗濯に使ったり、つけおきしたり出来るので一石二鳥です。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ぴんくぶぅ

ぴんくぶぅ

東京都在住の2歳の男の子のママをしています。元々何かを造るのは好きで今まで刺繍を始め、今では色々な事に挑戦中です。子供のが居ても楽しく出来ることを探しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • クラックビー玉失敗?!クラックビー玉ストラップの簡単な作り方!

  • イロプラ・お湯で柔らかくなる粘土おゆまる!100均で金平糖アクセサリー作成!

  • ハートやワンピースの折り紙一言カード♪バレンタインデーにメッセージを添えて気持ちを伝えよう!

  • 牛乳パックで子どもの机と椅子を手作り!牛乳パック工作をしよう!

関連記事

  • 牛乳パックで子どものイスを作ろう!大人も座れるしっかりしたイスの作り方

  • ピアノ弾き歌いのコツを学んで、好きな曲を弾き歌いしてみよう

  • 正しい性教育は何歳から?日本と海外の国別の性教育の違いまとめ!

  • ピアノねこふんじゃったの楽譜を見たらわかる特徴と魅力とは?

  • マステ工作!マスキングテープ活用法!可愛いロゼットの作り方!

  • カチカチにならない棒つきアイスの簡単な作り方!コツは1つだけ!