1. TOP
  2. 小学生におすすめの実験!発泡入浴剤を使って二酸化炭素を集めよう

小学生におすすめの実験!発泡入浴剤を使って二酸化炭素を集めよう

親子で楽しむ 自宅学習
この記事は約 2 分で読めます。 233 Views

しゅわしゅわと泡のでる発泡入浴剤は一年を通して人気の商品ですよね。そんな身近な発泡入浴剤から、二酸化炭素を集めることができるんです。二酸化炭素を集めたら、空気との重さ比べをします。ここでは、私が小学3年生の子どもと一緒にやった実験内容を紹介させていただいています。

準備するもの

・ペットボトル 1本

・発泡入浴剤 1個

・ビニール袋 2枚

・輪ゴム 2個

・30cm程度の長さのものさしや棒など 1本

・ひも 1本

・セロテープ

実験方法

最初に、発泡入浴剤から二酸化炭素を集めます。

1.ペットボトルにぬるめのお湯を半分程度入れます。

2.1.の中に砕いた発泡入浴剤を入れます。固い場合はカッターなどを使うと砕けますが、大人の方に手伝ってもらい、けがをしないように充分注意しましょう。

002

3.ペットボトルの口にビニール袋をかぶせて泡を集めます。すぐに袋が膨らんできます!しっかり膨らんだら輪ゴムで縛ります。

005

4.次に、同じサイズのビニール袋に二酸化炭素と同じくらい空気を集めて、輪ゴムで縛ります。

5.30cm程度の長さの棒の真ん中に糸をつけて、棒を天秤として使います。(ここでは30cmものさしを使用)

二酸化炭素を入れた袋と空気を入れた袋を棒の左右にセロテープでつけて、重さを比べます。

007

上の写真の左側が二酸化炭素を入れた袋、右側が空気を入れた袋です。

つまり・・・、

「二酸化炭素の方が空気より重い」という結果になりました。

二酸化炭素は空気の重さの1.5倍なのだそうです

簡単にできて面白い実験ですね!

どうして二酸化炭素ができるの?

発泡入浴剤をお湯に入れると、入浴剤の成分として含まれている「炭酸水素ナトリウム(重曹)」が分解され、「二酸化炭素」が発生するためです。

まとめ

gs019_l

入浴剤のように身近なものを使った実験は子どもも興味を持ちやすく、家でも取り組みやすいと思います。やけどやケガには充分注意する必要がありますが、家庭でも子どもに理科の楽しさを伝えて、好奇心を育てることができたら嬉しいですよね。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

メミ

メミ

8歳になる子どもがいます。
趣味はヘルシー料理作り。好奇心が旺盛です。
子育て中に国際薬膳食育師3級、ホールフードジュニアマイスター、環境カオリスタなどを取得しました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 小学生におすすめの実験!発泡入浴剤を使って二酸化炭素を集めよう

  • 「一人っ子はかわいそう」は本当?私が8年間の子育てで感じたこと

  • サンタさんの住所って?カナダのサンタクロースに英語で手紙を送ってみたら返事がもらえた!

  • 小学生におすすめ簡単理科の実験!塩の結晶の作り方レポート

関連記事

  • 新しい年のめくりカレンダーを使って門松を作ろう!!マステ工作

  • 可愛い簡単なミニ帽子の作り方♪コツはトイレットペーパーの芯を使う事

  • カチカチにならない棒つきアイスの簡単な作り方!コツは1つだけ!

  • 卵の殻工作!赤ちゃん期のスタイをリメイクで可愛く思い出を残そう!

  • あのイケメン俳優が!あなたの推しライダーはだれ?!仮面ライダー11作品見どころ紹介

  • 今年は親子で野菜を作ろう!甘い甘いトマトの育て方4つのコツ