1. TOP
  2. 糸島旅行で考えさせられた地域との繋がりの大切さ

糸島旅行で考えさせられた地域との繋がりの大切さ

おでかけ 教育 九州・沖縄
この記事は約 4 分で読めます。 16 Views

時季外れの海に行って来ました。たまたま糸島に行く予定があり、観光スポットである夫婦岩やヤシの木ブランコをついでに見に行くことにしました。秋ということもあり、夏は盛り上がっていたであろう海の家やレストランも閑散としており、寂しい雰囲気でした。子どもたちが遊ぶ遊具などがある訳でもないので、ドライブがてら、ちょっと見て帰るつもりでした。

海を見た子どもたちが大きい川というので、海を見るの初めてだというのに気がついて、せっかくなので車を止めて降りることにしました。

遊び

①貝殻を使って砂遊び

大きな砂場に子供たちのテンションは上がっていました。さっそく貝殻を拾って、スコップがわりに砂を掘り始めました。掘る場所によっては水が出て来たり、流れこんてくるので面白いようで、いろんなところを掘り回っていました。

落ちているものはなんでもオモチャで、小枝や潰れたペットボトルなどを埋めて、灯台マンや鬼さんなどを作って見せてくれました。

木の枝はお絵かき道具にもなり、顔が汚れて力が出ないアンパンマンをたくさん描いていました。しかも砂のキャンパスは広いので特大アンパンマンでした。「大きい、アンパンマン」と下の子は何度も繰り返し行って、アンパンマンの上を走り回っていました。

②テニスボールでサッカー

テニスボールが落ちているのを見つけると、サッカーが始まりました。最初は投げて遊んでいたが、投げるのは下手なのでつまらなくなったようで、ボールを蹴っては追いかけ、さらに下の子がお兄ちゃんを追いかけ遊んでいました。下の子は走るのが下手ですぐに転んでいましたが、砂が柔らかいので泣かずにすぐに立ち上がって追いかけていました。

最後はボールが海の方に転がって波にのまれてしまい、呆然と突っ立ていました。

③岩を使ってかくれぼ

ボールが無くなり帰るかと思いきや、大きな岩の間に隠れ、「どーこでしょ」と隠れんぼが始まりました。下の子はお兄ちゃんを見つけては大笑い。なかなか見つけられないと、お兄ちゃんが「ばあ」と言って出て来たりしていました。

お兄ちゃんは岩に登ることも出来るようで、登っては自慢していました。これにはビックリして、つい危ないから降りておいでと言ったのですが、大丈夫と返され、ちゃんと身体全体を使って器用にバランスを取って岩の登り降りを楽しんでいました。

岩についていたフジツボを見つけて、ワニさんみたいとお兄ちゃんが感動していたのですが、親にはどこらへんがワニなのかさっぱり分からず、帰りたいのもあり、良かったねと空返事をしていました。「帰るよ」と何度言ってもなかなか帰りたがらず、強制的に車に戻りました。

感じたこと

この経験から、子どもたちが思いっきり遊べる場所が今は少なくなっていることに気がつきました。公園に行っても子ども向けの遊具は撤去され、大人向けの健康遊具が並んでいたり、ボール遊び禁止、大声禁止、走り回るな危険と書いてある看板が立っていたりするのは、とても残念に思います。

私の子どものころは公園でキャーキャー言いながら走り回って鬼ごっこをしたり、サッカーをした記憶が少なからずあります。それが出来なくなった背景には、子どもの声を騒音と感じたり、子ども達がボール遊びをしたり、走り回るのは周りの人にぶつかったりして危険だと感じる方が増えていることがあります。

①現状

なぜ、子どもに対してマイナスなイメージを持つ方が増えるのかと考えたとき、やはり地域の繋がりが薄れているので、子ども達と普段触れ合う機会がなく、漠然と子どもに不安を感じていらっしゃるのだと思います。公民館などでは、地域の行事やイベント等行われていますが、参加しない、もしくは公民館自体に入りたくない方がいらっしゃるので、自然と子ども達と触れ合う機会がなくなっていきます。

②親に出来ることは

私も実際公民館には入っていません。仕事がありますから、リサイクル当番や行事に集まるのは厳しいですし、役員とかしなきゃいけないのが面倒だと思うからです。

しかし、子ども達が思いっきり遊べない現実を見ると、これではいけないと思いました。地域の行事やイベントにできるだけ参加するようにし、近所の方と喋るようにしました。そうすると、我が家を理解してくれる方が増えました。以前は子どもの泣き声がすると虐待を疑われ警察を呼ばれたこともあり、泣くたびに泣き止ませるのに必死になっていましたが、今では子どもが泣いて大きくなるからね。大変だね。この子たちは宝だからね。と声をかけてくださる方々がいるので、精神的にも救われています。

●まとめ

今回の糸島旅行で、子どもはオモチャが無くても遊べるのだなぁと感じ、遊ぶ場所というと遊園地やテーマパークなどを思い浮かべていましたが、ただ広くて大声出して走り回れる場所に行くのもいいと思います。そして地域のコミュニティの大切さを実感し、いつか近くの公園でじいじに買ってもらったサッカーボールで遊べる日が来るといいなと思います。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

waka

福岡県出身。4歳の長男と2歳の長女を育てています。子供が好きなので、子供達と触れ合える仕事をしています。文章を書くのは好きで、仕事の合間詩に、詩を書いて詩集として出版した経験もあります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 糸島旅行で考えさせられた地域との繋がりの大切さ

  • 子どもとお出かけ!待ち時間に大活躍 便利なカード絵本の作り方

  • 実録!アデノウイルス子供から大人へ感染!症状と治療法まとめ

  • 子供の習い事に日本舞踊!習い事に否定的だった私が子どもに習い事をさせた理由

関連記事

  • Baby feetってなに?独特の形で、正しい歩き方を身につけよう!

  • ピアノ初心者でも簡単に弾ける童謡5曲の弾き方動画まとめ

  • 運動会で迷惑なマナー違反をする大人!レジャーでは無いと認識をして

  • 宝篋山登山(茨城県)で子連れにおすすめコースは?低山なのに大満足!

  • Eテレお勧めの教育番組7選!観てるだけで学力アップを実感した娘の体験談

  • 挿し木でミニトマトの苗が増える!?初心者でも出来た挿し木のポイント