1. TOP
  2. 子連れ旅行の方必見!グズグズする前に試したい遠出乗り切り術

子連れ旅行の方必見!グズグズする前に試したい遠出乗り切り術

 2015/08/17 おでかけ
この記事は約 4 分で読めます。 145 Views

長い休みに入ると帰省、旅行に出かける方も多いはず。けれど、楽しいはずの旅行も小さなお子さんがいると憂鬱になるのが移動時間。長女がまだ1、2歳の頃は数十分の車移動ですらグズグズ。そんな子と4時間の帰省をする際は泣かれないようにあの手この手を使って毎回苦労しました。そこで今回は長い移動時間を乗り切る方法をご紹介します。

 1.まずは出発時間

 sleep

どの移動手段でもまず有効な方法が子どものお昼寝時間に合わせること。電車や車に乗ってすぐ寝てくれたらラクですよね。起きてからどのくらいでお昼寝するか計算して朝早めに起こしたり、早朝に出発してしまう、5~6時間かかる帰省なら子どもが寝る夜に移動してしまうのも有効。我が家が車で帰省する時は18時~19時ごろに出発して日付をまたぐ頃に到着するようにしています。いずれの時間帯にしても、興奮してなかなか寝なかったり、無理やり起こして移動で寝てもらおうとすると逆にグズグズすることがありますのでご注意を。

2.持ち物は有効なものを最小限にまとめて

IMG_3964

移動するにはなるべく手荷物を身軽にしたいところですよね。まず準備するのはおやつ。普段の時間とちょっと違っていても子どもを付き合わせている以上は大目にみましょう。そして遊ぶもの。普段遊んでるおもちゃだからと言って持っていくと意外に遊ばないことがあります。そこで用意したいのが新しいおもちゃ。特にマグネット絵本やシール絵本など遊べる絵本はかさばらずにオススメです。グズグズし始めてから出しても効果は薄いので、ちょっと飽きてきたなと思ったらすかさず出してください。

3.こんな時だからDVDや動画を有効活用

xe-hr200_01

画像引用元:BAGTORY

普段はあまりDVDは見せていないという方も多いはず。けれど、おでかけの時だけ特別という風にすれば子どもも喜びますし、いつも見たいとはなりません。車のカーナビでもDVDを見れるものはありますが、走行中は見れなかったり、後部座席からは見づらいですよね。そこでオススメなのが、後部座席に画面を付けられるヘッドレストDVDプレイヤー。新幹線内でもポータブルDVDプレイヤーを持ち込むと飽きた時の対策になります。周りの方への配慮にヘッドフォンを忘れずに。

また、タブレットやスマートフォンが普及した現代ならではのオススメはやはりYouTubeなどの動画。我が家の息子は車の中で飽きてきた頃にYouTubeを見せるとそのままお昼寝してしまうことも。後部座席用のスマホやiPad用の車載スタンドなら目が近づきすぎる心配も解消できます。

4.車なら休憩時間も自由

IMG_1727

車の場合、子どもが多少騒いでもいるのは家族だけ。4歳ぐらいになってくると、しりとりや隣車線を次に通る車を当てるゲームも楽しめます。そして、何よりぐずって限界になったらすぐに休憩をはさめることが利点。特に最近は道の駅やサービスエリアそのものが観光スポットとなっていて、遊べる場所やお散歩がてら景色を堪能できる場所も各地にあります。ご当地のゆるキャラに会えることも!事前にルート周辺の情報を調べてから出かけるといざというとき安心ですね。

5.新幹線でぐずった時の逃げ場は

553890_143046522503011_1015254288_n-e1439168867185

一方、目的地まで降りることができない新幹線。赤ちゃん連れの方にテッパンなのは11号車や12号車に予約を取り、授乳などのタイミングで多目的室を使うということです。ただし、体の不自由な方や体調不良の方が優先なので必ず使えるとは限りません(筆者もそういう時がありました)2や3でご紹介した方法でも飽きてしまったら、貴重品以外は置いてデッキへ移動。外の景色を見せたり、デッキ内を歩かせたり、トイレの前だと洗面台の鏡を見せたりするだけでも気分が変わりますし、ぐずってても気兼ねしません。

まとめ

いかがでしたか。短時間の移動ならなんとかなっても何時間もかかる移動となってくると、せっかくの楽しい旅行が気疲れして終わってしまいます。初めて長旅をされる方もこれらをヒントに楽しい旅ができますように。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

phonograph

phonograph

東京都出身。5歳の長女と2歳の長男をかかえるアラサー専業主婦。文章を書くことが好きで大学卒業後は広報紙の企画・編集の仕事に携わるも、結婚を機に退職。転勤族の夫と共に関西~関東まで各地を転々と回る。趣味はもの作り。子どもが笑顔になって遊ぶ物を作ることに情熱を燃やす。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 誕生日やホームパーティーに!100均材料で出来る簡単・手作り飾り10選

  • 朝のイライラ解消!子どもが自分から動くようになる「やることボード」の作り方!

  • 持たせるならスマホ?キッズ携帯?キッズ携帯を選ぶメリット

  • 【クラゲドリーム館】山形の世界一クラゲ水族館!を親子で楽しもう

関連記事

  • 滋賀県高島市のマキノ高原のココがすごい!どの季節でも自然を満喫できる♪

  • 年間パスポートでお得!神奈川県の子連れおすすめ水族館3選

  • 家族みんな笑顔になれる!兵庫県のお出かけオススメスポット5選

  • 【北陸新幹線で親子旅行】おすすめの子連れお出かけスポット8選

  • 国立科学博物館は見どころ満載!料金無料で夏休み自由研究にピッタリ!

  • 【大阪にミスドミュージアム開館!】作って食べて学ぼう!食品系の企業博物館4選