1. TOP
  2. 子連れ渓流川遊びデビュー!子どもと一緒に川遊び4つのポイント

子連れ渓流川遊びデビュー!子どもと一緒に川遊び4つのポイント

アウトドア
この記事は約 3 分で読めます。 223 Views

子どもと渓流で川遊び!川のせせらぎは聴覚と視覚から私たちを癒してくれます。なんとも言えないあの安らぎの時間をぜひとも家族全員で共有したいものですよね。そのためには子どもも楽しめることが大事です。水遊びだけでなく沢歩きや釣りなども盛り込んで、天然のフィールドアスレチックだと思うととても楽しめます。

 

これだけは覚悟しておいて「子どもは必ず落ちます」

川遊び

川遊び中どんなに気をつけても子どもは川に落ちます。なので、落ちないようにさせることより、落ちた時に対応できるようにこちらが準備をしておくことが一番大事です。もちろん、水に落ちると怪我につながることも多いので、川に落ちずに済めばそれに越したことはありませんが、初めからはとても難しいことです。水に落ちることを前提にいろいろなことを考え、決めて渓流にいきましょう。また、予期せず濡れるのは子どもにとって、とてもショックな出来事です。精神的なフォローも忘れずに。

 

はじめての川遊びどんな所がいいの?

岩場

初めての川遊びは、川に落ちてしまうことを考えると大きな川は危険です。水量が少なく、川幅があまり広くなく、流れが緩やかな所がオススメです。難しいようでしたら、所々川幅いっぱいの浅瀬がある所がいいでしょう。自分で経験してみると分かりますが、ごく浅い所でも水の威力は強力です。

また何かあった際に陸の平らな部分に上がるのが困難な場所は避けます。あまりに見通しの悪い場所も避けましょう。初めは源流付近から始めてみるのも手ですね。

 

渓流川遊びデビューにオススメの川は?

渓流川遊びデビューにおすすめなのは、埼玉県秩父郡にある横瀬川は水量も少なくオススメです。車でも電車でもアクセスが良いのもポイントが高いですね。

どんな服装?

子ども靴

渓流では、岩の上を飛んだり、草をかき分けたりと小さな擦り傷を作りやすい場所です。長袖、長ズボン、できれば軍手など手を守るものとトレッキングシューズなどの舗装されていない場所を歩くのに適した靴がオススメです。なければ普通の靴でも十分ですが、長靴は中に水が入ると身動きが取れなくなるので止めましょう。サンダルもふんばれないのでやめましょう。

着替えは下着靴下も全て必要ですが、帰るまで着替えない等ルールを決めないといつまでも着替え続けることになります。慣れないと濡れた服が不快に感じますが、すぐに慣れます。靴も帰り用の靴を用意しましょう。また、大人が濡れることも十分に考えられます。覚悟してくださいね。

 

どんなことをしよう?

淡水魚

川はいろんなことができます。水遊びはもちろんですが、浅瀬で夢中になって石で遊んでいる姿を見ることもあります。もちろん川辺で小休憩を取って食事をするのも気持ちいですね。もし、荷物に余裕があれば簡単な釣竿と小さな網があると、楽しみがぐっと広がります。自然の中で出会う生き物は、私たちをワクワクさせてくれますね。ただ、水辺の舗装されていない所を歩くだけでも普段とは違う経験になります。

まとめ

川は一つ間違えば大きな事故につながりますが、その危険性を子どもの頃から感じることは大事なことです。危険を理解した上で川で遊ぶという経験は子どもにとって大冒険と言えるでしょう。キラキラの笑顔と帰った後で熟睡する姿を見れば、親もとっても満足です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

杉浦ちえり

杉浦ちえり

小学生の女の子、幼稚園児の男の子、そして、子どもたちにとっては「お姉さん」の猫の母です。
東京都在住

この人が書いた記事  記事一覧

  • 浴衣っていつまで着ていいの?9月は季節はずれ?長い期間浴衣を楽しむコツ

  • シュノーケリング関東子連れおすすめスポット&事前準備まとめ

  • 子連れで浴衣は大変を解決する3つのポイント!ママだって可愛いって言われたい

  • スマホ充電にも実用的なソーラー充電器が登場!アウトドア・非常時も使える充電器

関連記事

  • 温泉に入れるキャンプ場♪ 秋におすすめの癒しキャンプご紹介!

  • 子供と海水浴 気を付ける注意点!ルールを守って楽しく遊ぼう!

  • 「関東周辺の山」親子でチャレンジしやすいお勧めの山10選!

  • 風になりたい!子どもと一緒にサイクリング・デビューにおすすめの公園と川沿い

  • そこに山があるから登るんだ!子どもと一緒に登山デビュー 後編

  • 子どもの五感を鍛える木登りってどうやるの?「できた」を実感、木に登る魅力