1. TOP
  2. お正月にぴったり!レジ袋で簡単な手作りたこの作り方

お正月にぴったり!レジ袋で簡単な手作りたこの作り方

 2016/01/01 工作 遊び
この記事は約 3 分で読めます。 807 Views

あけましておめでとうございます。お正月を自宅や実家でのんびり過ごしている方も多いはず。けれど、それだけじゃ子どもはつまらないですよね。そこで、今回は自宅にあるレジ袋で簡単に作れるたこをご紹介します。お正月にぴったりの遊びで体を動かしましょう。

1.材料

7

レジ袋

ストロー2本

ビニールテープ

A4サイズ以上の用紙(裏が白いチラシなど)

タコ糸

2.作り方

1.型紙を作る

 

1

写真のような形の型紙を作ります(緑色の線は折り目がわかりやすいよう引いています)。

まず用紙を縦に3等分になるよう折ります。

1折りあたりの長さが縦の1/3の長さと同じになるよう横は4等分にします(正方形が12個できるようなイメージ)

写真のように折り目で線をつなぎます。

2.レジ袋に線を引く

2

レジ袋の下に先ほどの型紙を置き、レジ袋の上から油性ペンで線をなぞります。ずれないようにセロハンテープで紙と袋を固定するなどしてくださいね。

出来たらハサミで切りましょう。

3.絵を描く

3

絵をかくならこのタイミングが一番描きやすいです。油性マジックを利用し、色落ちには注意しながら描いてくださいね。

型紙を写し取ったのと同様に下書きを用意してなぞるときれいに描けますよ。

4.ストローを付ける

4

曲がるストローの場合は曲がり部分を切り落とし、縦半分に割ります。大きさによっては長さが足りないこともあるので、同様にストローを縦半分に割り、少しだけ重ねて長い1本の棒にします。

たこに写真のように置き、セロハンテープで上・中央・下の3か所を留めます。

5.タコ糸をつける

5

たこの縦の長さと同じ長さのタコ糸を2本用意します。

次に3センチくらいの長さのビニールテープを2本用意し、たこの左右の角につけ半分に折ります(補強なのでビニールテープがなければセロハンテープでも可)

キリや千枚通しなどを使ってビニールテープの上から穴をあけ、タコ糸をそれぞれ通しましょう。たこを半分に折って重ねてから穴を開けると同じ位置に穴が開けられますよ。広告の束などの上で刺してください。

2本の糸を結びます。

6.しっぽをつける

6

先ほど余ったレジ袋を細長く切って2本用意し、たこの下部分にしっぽをつけます。

7.完成

7

最後に、先ほど結んだ結び目にタコ糸を繋げば完成です。タコ糸は30~40mあるものもあるので、子どもが遊ぶ場合は数メートルで切り、切り込みを入れた段ボールに巻き付けてあげると使いやすいですよ。

まとめ

型紙の比率さえきちんと合っていればゴミ袋サイズのたこを作ることも可能です。風に乗ると走らなくても高く上がっていくので、簡単なのにとっても楽しめますよ。材料がそろえば30分ほどで出来るので、作って子どもたちと一緒に童心にかえってみてはいかがですか?くれぐれも広い場所で遊んでくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

phonograph

phonograph

東京都出身。5歳の長女と2歳の長男をかかえるアラサー専業主婦。文章を書くことが好きで大学卒業後は広報紙の企画・編集の仕事に携わるも、結婚を機に退職。転勤族の夫と共に関西~関東まで各地を転々と回る。趣味はもの作り。子どもが笑顔になって遊ぶ物を作ることに情熱を燃やす。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 朝のイライラ解消!子どもが自分から動くようになる「やることボード」の作り方!

  • 持たせるならスマホ?キッズ携帯?キッズ携帯を選ぶメリット

  • 【クラゲドリーム館】山形の世界一クラゲ水族館!を親子で楽しもう

  • 小学生から携帯電話を持たせるならいつから?持たせるメリットは?

関連記事

  • プレイパークゴールドタワー!クーポン!営業時間!混雑状況は?

  • 海辺でキャンプ!最高の贅沢を満喫! 注意点とおすすめキャンプ場

  • 壁面飾りにもぴったり!色画用紙で出来るキャラクターの作り方

  • 金属アレルギーの子でも大丈夫なアクセサリーの作り方!100均材料!

  • 1歳クレヨンデビュー完了!BABY COLOR(ベビーコロール)は誤飲対策もばっちり!

  • プレイマット、道路をを手作りしよう!子どもの想像力は無限大!