1. TOP
  2. おでかけ
  3. 海外
  4. AMARIN BABY &KIDS FAIR(アマリンベビーアンドキッズフェア)in バンコクに参加した体験談

AMARIN BABY &KIDS FAIR(アマリンベビーアンドキッズフェア)in バンコクに参加した体験談

海外 子育て
この記事は約 5 分で読めます。
ここバンコクに住んでいる小さなお子様をお持ちの奥様、妊婦さんなら在タイ中に 1度は必ず行ったことがあると言っても過言ではない有名なベビーフェアが2つあります。
今日はそのうちの1つであるAMRIN BABY & KIDS FAIR(2019/7-25-28に開催)の参戦レポをお送りします!
 

AMARIN BABY & KIDS FAIRって何?

 

概要

AMARIN BABY & KIDS FAIRはバンコクで年に数回開催される赤ちゃん用品をはじめとした商品が販売されているファミリー向けのイベントです。
値段も通常価格より安くなっていたり、ベビーフードの試食をはじめサンプルがもらえたり、ものによっては80%引きというおトクな商品もそろっています

会場

BITEC(バイテック)
住所:88 Debaratna Road (Km.1), Bangna Tai, Bang Na,Bangkok 10260, Thailand
地図:http://www.bitec.co.th/plan-an-event/location-en.html
 
 

行き方

電車で行く方は最寄り駅がBTSバンナー駅です
駅から会場までスカイウォークが繋がっているので初めて行く人も迷うことはないはずです
万が一雨が降っても濡れずに会場まで行くことができます
 
車(タクシー)で行くは運転手さんにバイテックと伝えたら分かってもらえると思います 
自家用車で行っても充分なスペースの駐車場が完備されています
 

時間

10:00-20:00
 

プレゼント

今回会場の入り口にあるInformationで登録をしたらプレゼントがもらえました
(私がもらえたものはこちら) ※中身は変わる可能性もあります

 

売っているものは?

育児で使うものはほとんどそろっています。
会場となっているBITECは日本でいう東京ビックサイト、パシフィコ横浜、幕張メッセといった
コンベンションホールなので、ベビーカーでいっても会場は広いので安心です。

ベビー服&スタイ、離乳食、お子様用のおもちゃ、絵本(タイ語 英語)、水着
消耗品関係 (オムツ洗濯洗剤 柔軟剤 ボディーソープ 紙おむつ、お食事エプロン、食器など)
大型グッズ (ベビーカー 、チャイルドシート、ベビーベッド、ベビーゲート)
プレママさんのマタニティーウェア、抱っこひも、授乳ケープ、哺乳瓶、おくるみ、ベビーバス用品
 
今回私は赤ちゃん用の歯ブラシ、粉ミルク、洗濯洗剤、離乳食数点を購入しました。
タイの離乳食は特に日本のものより甘みが強かったり、12か月と書いてあっても日本だと9か月くらいの
子供でも食べられそうだったり知らない商品ばかりなので、試食ができるのはとてもありがたいのです。
文章で書いてあっても実際に買ってみたらあまり口に合わなかったということも多いので
 
また、個人的な意見ですが、タイは年中暑い気候ということもあり、日本よりもプール関係のグッズが
充実しているように感じました。
 
 
有名ブランド
日本人に馴染みがある有名ブランドだとピジョン、コンビ、アップリカあたりも出店しています。
 
 

会場はどんな雰囲気?

私はイベント初日(平日)に行ったので大混雑ではありませんでした
土日は旦那さんを連れて家族で来られる人も多いので平日より混雑するかと思います
早速会場内の雰囲気を見ていきましょう
 

荷物預かり場

重たい荷物は預かってくれるので、必要のないものは預けることができます(貴重品はご自身で)
 

ベビーカーの貸し出し

名前、電話番等などを記入して身分証明書とデポジット1000バーツを支払い借りました
ベビーカーを返却時に預けた身分証明書とデポジットを返してくれます
 

授乳&オムツ替えコーナー

会場内と会場外にも設置されていました。
 

イベント会場(ハイハイレース 他)

今回時間があったのでハイハイレースに参加してみました(ヨチヨチ歩きの部もありました)
私は母子参加だったためスタート地点はタイ人スタッフに対応してもらい、私はゴールにいましたが
人見知り絶頂期のわが子は始まる前から泣いていました。
無事にレースも終わり最後に参加賞をいただきました(紙おむつサンプルと赤ちゃん用ボディーソープ)
 

配送コーナー

重いものを買っても大丈夫 (今回国際郵便の発送ができるかどうかは確認しておりません)
 

その他

会場後方には大人の方向けの飲食コーナーもあり食事をすることができます。
また会場外にはなりますが、カフェや、BITECの3階にはフードコートもあります。
 
 

まとめ

日本のような赤ちゃん本舗、西松屋といった手頃価格のベビー専門店があまりないバンコクなのでこのイベントは一度に必要なものがほぼそろう大型イベントなので在タイ者の中では重宝されています。旅行者の方でも気軽に参加できるので、うまくタイミングが合えばバンコク旅行のついでに行ってみるのも面白いかもしれないですね!
 
この記事のタイトルとURLをコピーする
あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

TK

タイのバンコクで子育て中
日本とは違うタイでの子育てを紹介していけたらと思います

この人が書いた記事  記事一覧

  • タイ在住ママが教えるバンコクの授乳室・オムツ交換台情報!

  • エカマイ(バンコク)子供の遊び場スポット5選!おすすめは駅直結ゲートウェイのハーバーランド

  • 私が海外出産(タイ バンコク)を決めた理由!経験して感じたメリット・デメリット

  • 【バンコク在住ママ】プロンポンエリアで子連れにおすすめの遊び場7選

関連記事

  • 「赤ちゃんはどうやってできるの?」子供に答えられますか?おすすめ性教育の本紹介

  • 子どものイヤイヤ期っていつまで続くの?上手に対応する方法は?

  • 隠されたヒミツにビックリ!『ぐりとぐら』のテクニックで、子どもの感性を養おう!

  • スマホの写真・動画を家族で共有するアプリ「みてね」を使った感想

  • 【東京おもちゃ美術館】赤ちゃん連れでも安心して楽しめる室内施設

  • 外出におすすめのおもちゃ!親子で楽しく外出するためのポイント