1. TOP
  2. 幼稚園児も弾ける簡単なピアノ曲!季節の歌4曲は短くてシンプル

幼稚園児も弾ける簡単なピアノ曲!季節の歌4曲は短くてシンプル

 2016/02/25 教育
この記事は約 3 分で読めます。 892 Views

幼稚園で歌う曲は楽しい歌が多いですよね。お遊戯会などで元気よく歌ってる姿は微笑ましいです。そこで今回は、幼稚園児でも気軽に弾ける簡単でシンプルな曲を4つご紹介します。

 

ぶんぶんぶん

IMG_5027[1]

蜂が池の周りを楽しそうに飛んでる曲です。

”ブンブンブーン”のところは”ソファミー”と二分音符と全音符で伸ばして弾き、他のところは四分音符で弾きます。”おいけのまわりに”からは”ミファソミ”、”レミファレ”を繰り返します。

”ブンブンブーン”のところは蜂が飛んでる感じを出すように元気よく弾くと楽しいです。歌うときも元気よく歌ってると思うので。

 

ほたるこい

IMG_5024[1]

蛍を呼び掛けてる曲です。

自分のところに寄ってきて光って欲しいので、”あっちの水は不味いぞ!”というところでは静かに、”こっちの水は甘いぞ!”というところでは大きい声で呼び掛けてるように弾きます。

歌に合わせて八分音符で弾きますが、弾く音は”ラ”と”ソ”がほとんどです。

”ほ、ほ、ほ~たるこ~い”と”ラ、ラ、ラーソソラー”で弾きますが、”ソ、ソ、ソーファファソー”と一音ずらして弾くと明るい”ほたるこい”に聞こえます。

 

おおきなたいこ

IMG_5025[1]

大きいたいこと小さいたいこが順番に出てくる曲です。

大きいたいこの”ドンドン”の音は強くハッキリと、小さいたいこの”ドンドン”は弱く叩くように弾くとたいこを叩いてる感じが出ます。歌う場合もたいこの大きさに合わせて変化をつけてます。”ドンドン”のところをオモチャのたいこや平らなもので一緒に叩いてあげるとより雰囲気は出ます。

ピアノやキーボードは弾く楽器だけじゃなくて叩く楽器としても使えるのでオススメです。

 

たこたこあがれ

IMG_5023[1]

お正月の歌で凧を高く上げようと頑張ってる曲です。

”たこたこあがれ~”を”レドレドレレレー”と”レ”と”ド”のみ弾き、曲自体も短いので弾きながら歌っても楽しいです。特に”天まであがれ~”と呼び掛けてるところでは強く弾くと凧が上がってく感じが出ます。

 

弾き歌い

弾きながら歌うことを”弾き歌い”といいます。手と頭、口を一緒に使ってるのでいい運動になりますよ!

 

まとめ

いかがですか?どの曲もシンプルで短いので弾きやすい曲ばかりです。また、一度歌ってる曲って頭に残ってるので音も割とすぐに出てきます。お子さんの歌に合わせて弾いてもいいですし、お母さんや姉妹、兄弟の歌に合わせてお子さんが弾いても楽しいですよ!この他にも季節の歌を弾きたくなったら是非弾いてみてくださいね。

音楽のある暮らしは楽しいですよ!

 

 

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

pnther-pnk

pnther-pnk

静岡県在住。0歳の息子を子育て中の30歳。出産前まで自宅にてピアノを教える。最近は成長中の息子に振り回されながら一緒に遊んだり笑わせたりしている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 赤ちゃんも楽しめる!おすすめ手作りおもちゃをご紹介!

  • 騎馬戦や徒競走の曲と言えば?運動会のBGMで定番クラシック9曲

  • 【動画】赤ちゃんと楽しむ手遊び歌おすすめ5曲をもっと楽しむコツ

  • ピアノ弾き歌いのコツを学んで、好きな曲を弾き歌いしてみよう

関連記事

  • ヘタリアにキングダム勉強の役に立つ?!親子で楽しめるマンガ9選

  • 小林一茶の有名な俳句で古典に親しもう!愛媛では小学生が俳句を詠む

  • 使い続けて実感!みんな知ってるこどもちゃれんじのメリット・デメリット

  • 金属アレルギーの子でも大丈夫なアクセサリーの作り方!100均材料!

  • 子ども英語のハロウィンの歌!おすすめ動画10選とハロウィン豆知識

  • 牛乳パックで子どものイスを作ろう!大人も座れるしっかりしたイスの作り方