1. TOP
  2. プラバンストラップの作り方!子どもの絵をプラバンアクセサリーにして持ち歩こう

プラバンストラップの作り方!子どもの絵をプラバンアクセサリーにして持ち歩こう

親子で楽しむ 工作
この記事は約 3 分で読めます。 428 Views

赤ちゃんがペンが握れるようになった頃にお絵描きをママとしてみましょう。画用紙に描くのも良いですが、プラバンに描いて、アクセサリーとしてプラバンストラップを持ち歩くのもオススメです(赤ちゃん篇)。

プラバンストラップ材料

プラバンストラップの材料

●白いプラバンA4サイズ(透明より描いてくれますし、見やすいので白がオススメです。そしてサイズは、大きめの方が子どものペン先が当たり上手に描いてくれます)

●アルミホイル

●はさみ

●ペン(ポスカ、油性ペン、描いて弾かないペンなど)

●オーブン(トースト機能、オーブン機能が付いている電子レンジ)

●穴開けパンチ(キャラ弁時に使用する形穴開けでも可能です)

●割り箸(もしくは、手袋などでも可)

 

プラバンストラップ作り方

①プラバンを袋から出し、子どもと自由に描きます。

プラバンストラップ作り方

②プラバンは、描けた部分をA4の半分くらいの大きさにハサミでカットします。(焼いたら1/4くらいに縮みますので大きすぎず、小さすぎずの大きさがオススメです)カットしたら、穴開けパンチで丁度良いところに穴を開けます。

③アルミホイルをA4くらいの大きさに切り、キラキラしている方を中にして半分に折ります。そしてそれをくしゃくしゃに丸め、広げます(このときしっかり丸めないで広げた時おうとつが出来るくらいで大丈夫です)

プラバンアクセサリー作り方

④オーブン機能で160℃に暖めておきます。その中にアルミホイルを置き、その上に②のプラバンを置きます。(このときプラバンが縮むとき丸まる時がありますがだいたいは平たく戻ってくれます。)

プラバンストラップ

 

⑤縮まりが止まったらオーブンから出しますが、かなり熱いので火傷に気を付けて出してください。平なところに置き、本などでグッと押さえ冷やせば出来上がりです。仕上がりの大きさは7×8くらいになります。

赤ちゃんの絵アクセサリー

注意する事

⑥これで完成ですが、使用していると、ペンで描いたところも取れてくる可能性かあります。それが嫌な方は追加作業をオススメします。 

追加材料

●UVレジン、筆

UVレジン、筆

 

全体的にレジンを筆で塗ります。この時薄すぎると弾いてしまい、仕上がりがボコボコしてしまうので多過ぎないくらいに塗ってください。ライトがなくても天気の良い日外に置いとくだけで1時間くらいで綺麗に固まり綺麗に仕上がります。

まとめ

まだ小さい子は何でも口に入れるので、材料のペン、ハサミは気を付けて下さい。ポスカは布に付くと取れにくいので汚れても良い服に着替えてしてください。

オーブンはかなり熱くなっているので、子どもが火傷しないように注意してください。

裏も真っ白だと寂しいので、ママか絵を描いたり裏にも子どもに描いてもらったり色々試してみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ぴんくぶぅ

ぴんくぶぅ

東京都在住の2歳の男の子のママをしています。元々何かを造るのは好きで今まで刺繍を始め、今では色々な事に挑戦中です。子供のが居ても楽しく出来ることを探しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • クラックビー玉失敗?!クラックビー玉ストラップの簡単な作り方!

  • 【100均】お湯でやわらかくなる粘土おゆまる・イロプラで金平糖を使ってアクセサリーを作ろう!

  • ハートやワンピースの折り紙一言カード♪バレンタインデーにメッセージを添えて気持ちを伝えよう!

  • 【牛乳パック工作】牛乳パック60個で子どもの机と椅子を手作り!

関連記事

  • ホットケーキミックスで簡単ふわふわドーナツ!バムとケロのドーナツの作り方

  • 子どもの遊びと大人の常識。たくさん一緒に遊んであげても愛情不足になる謎の現象を徹底解剖!

  • 公園・水族館・萬画館!?宮城県の子連れスポット6選

  • 簡単に使い終わったビンの再利用!手作りスノードームの作り方と材料を写真入りで紹介

  • 夏休み自由研究テーマに!絵本CO2のりものずかんで楽しく地球温暖化のお勉強!

  • 子ども用縄跳びには高すぎる!月曜から夜更かし紹介のスマートロープが最先端すぎる