1. TOP
  2. 子育て
  3. 健康・病気
  4. 花粉の季節到来!簡単に頭に入れておくと役立つ!花粉症対策!

花粉の季節到来!簡単に頭に入れておくと役立つ!花粉症対策!

健康・病気
この記事は約 3 分で読めます。

今年も来てしまった花粉症のシーズン!

花粉症の方は、既にご存知の事ばかりかもしれません。

ですがまだ花粉症を発症してない方はいつ自分や

周りの方が花粉症にかかってしまうかわかりません。

そんなときの為にも簡単に花粉症について知っておきましょう。

そもそも花粉症って?

花粉症とは、季節性アレルギー性鼻炎といって、アレルギー性鼻炎の一種なのです。

主に植物の花粉が原因で発症します。

この花粉にアレルギー反応を起こしてしまうと花粉症になってしまうのです。

 

簡単にできる対策

できるなら一番おすすめしたいのは外出しないで家にこもること!

しかし、生活していく上で外出しないというのはとても困難です。

家の中だって換気もしたいですよね。

では一体、どうすればよいのでしょうか。

大事なのはコレ!

ズバリ、家に花粉を持ち込まないこと!

そして家に花粉を持ち込まないためにできることを日々続けることが大事なのです。

たとえば外出したら家に入る前に服を叩いてなるべく花粉を少なくしたり、

玄関に空気清浄機を置いて、家の中には花粉を持ち込まないようにします。

できる事ならば、お風呂に直行することが望ましいです。

外出する前の対策もあります。

花粉情報をチェックして少ない日に出かけたり

花粉をブロックしてくれるスプレーを前もって服などに使っておくなどです。

目にくる人

症状が目にくる人は目に負担をかけないように心がけましょう。

テレビやPC、スマートフォンを使う時間をいつもより減らしたり

コンタクトを使ってる方は眼鏡を使うようにしましょう。

鼻と喉にくる人

鼻水を拭き取るときは柔らかいティッシュを使って

鼻が荒れないように気を付けましょう。

うがいはもちろん、こまめな水分補給で鼻と喉を常に潤してあげましょう。

 

子供と花粉症

もしかしてそれって花粉症かも…?

どんなに小さい子でも花粉にアレルギー反応を起こしてしまえば

花粉症になってしまいます。

うちの子は大丈夫、と思ってるかもしれませんが

花粉症の症状は風邪の症状に似ていて気付かないことも。

あれ?と思ったら病院で診てもらいましょう。

遺伝からの発症

実は花粉症は遺伝からなってしまうこともあるのです。

私は高校生のとき発症したのですが

元々母親が花粉症でした。

多分遺伝です。

今後、自分の子供がなってしまうのではないかと不安ではあります。

発症しないのが一番ですからね。

自身が花粉症の方は、この時期お子さんにも気を配ってあげてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

花粉症は自分の症状が出る時期が大体でもわかっている人は

その前からの対策が大事です。

花粉症はアレルギー体質によって起こるので

なかなか治すことは難しいのですが

軽減させたり、症状を出しにくくする方法はあるのです。

花粉の季節には、ぜひこれらの対策を意識してみてはいかがでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする
あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

leomaro

leomaro

初めまして、こんにちは。
神奈川県在住の1児のママです。子育ては日々勉強中です。
2時間モノのドラマ、コーヒーが大好きです。
私の記事が少しでもみなさんのお役に立ちますように…。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 100円ショップのおもちゃ2点ご紹介!100円とは思えない感動!

  • お手玉の作り方~伝統的な遊びを子どもと一緒に楽しもう~

  • エッグスンシングスは誕生日祝い・キッズメニューも充実!ラゾーナ川崎パンケーキのお店

  • GWまだ間に合う!自由研究にも!カップヌードルミュージアム横浜!

関連記事

  • 原因不明の下腹部の痛みは何科へ行くべき?病名判明までの13日間!膀胱がん・大腸がんじゃなかった

  • 皮膚科直伝!おうちで簡単にできる汗も・オムツかぶれの対処・予防法

  • 中耳炎の症状!子どもは大人より風邪から中耳炎になりやすい理由

  • 子供が歯医者を嫌がる?歯医者嫌いにさせない5つのコツ

  • 乳がん自己診断のやり方!臨床検査技師ママが教える胸のしこりを見つける方法

  • 夜間救急外来を受診するかの基準は?悩んだ時の判断目安をご紹介