1. TOP
  2. 親子で楽しむ
  3. GWはお出かけしなくても、お家で楽しむこどもの日(端午の節句)

GWはお出かけしなくても、お家で楽しむこどもの日(端午の節句)

 2018/04/10 親子で楽しむ イベント
この記事は約 3 分で読めます。 41 Views

桜の季節もそろそろ終わりに近い地域も増えてきましたね、

そうなると次は、こどもの日もあっという間にやってきます。


「5月5日、こどもの日」は毎年G.Wの真っ只中

遠くにお出掛けする予定のご家族も多いのではないかと思いますが

特に予定は決めていない方!

もしくは当日天候が崩れて外出できなくなった方!

のために「お家でのんびり、みんなで楽しむ端午の節句」をいくつかご紹介します。

こどもの日とは?

元々は、端午の節句といって男の子の成長をお祝いする日でした。

(女の子は3月3日、桃の節句のひなまつり。)

後に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」

という内容から、こどもの日と呼ぶようになりました。

こどもの日を楽しむ方法

衣装

こどもの日の衣装で思い浮かぶものはなんでしょう?

兜、袴、陣羽織に金太郎。和装ですね!

格好から楽しみたい方は何か衣装を着てみてはいかがでしょうか。


フリマアプリで安く手に入れたり、こだわりたい人や

得意な人は手作りしてみるのもアリですね。

アート

〇〇アートって耳にしたことないですか?

よく聞くのは、生まれてから1か月ごとにするおむつアート。

お昼寝アートや寝相アートなど言い方は様々ですが、

こどもの日でもできそうですよね。

ご家庭オリジナルアートで楽しく思い出を残してくださいね。

食事


みんなで食卓を囲んで楽しむことだってできちゃいます。

料理が得意な人はお子さんと作るという楽しみだってあります。

ケーキにする?お寿司にする?それとも?考えるだけでウキウキですよね。

縁起の良いとされる柏餅や、ちまきもご一緒にいかがでしょうか。

 

・柏餅…子孫繁栄(家系が途切れない)。

    柏の葉は新芽が育つまで、古い葉っぱが落ちないことから。


・ちまき…地方によって用いられる。

    厄除けのために配ることも。

 

装飾

こどもの日折り紙

気分転換に家の中の雰囲気をガラっと変えてみるのはいかがでしょうか。


地域の伝統やしきたりで、とても立派な五月人形を飾るご家庭もあることでしょう。

「うちは、そういうのは…」なんて方は、100円ショップをちらっと覗いてみてください。

ちょこんと飾れる可愛らしい置物が揃えてあります。

子供たちにイラストを描いてもらったり、折り紙などで簡単に作って

壁に飾ったりするのもおすすめです。

こどもの日が終わってもずっと飾っていたくなりそうですね!

G.W真っ只中だからこそ

G.Wという長期休暇の真っ只中だからこそ、おじいちゃんやおばあちゃん、

もしくは離れていてなかなか時間を共にすることが出来ない人と一緒に過ごすこともできます。

ご家族、ご親戚のみなさんでお子さんの成長をお祝いしてあげてはいかがでしょうか。

まとめ

男の子の成長をお祝いする日となっていますが、女の子のお子さんを持つママさんも

一緒にお祝いしちゃいましょう。

ひなまつりにお祝いしたばっかり…でもいいんです!

一日でも多くお子さんとの思い出作をすることをお勧めします。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

leomaro

leomaro

初めまして、こんにちは。
神奈川県在住の1児のママです。子育ては日々勉強中です。
2時間モノのドラマ、コーヒーが大好きです。
私の記事が少しでもみなさんのお役に立ちますように…。

この人が書いた記事  記事一覧

  • シルバニアファミリーの世界観に浸ろう!シルバニア 森のキッチン

  • 子供服の毛玉取りに100均商品が大活躍!ダイソーおすすめ7商品

  • おうちで出来る遊び!おままごと!折り紙でお花見してみよう!

  • ママ必見!子供たちの好きな番組で生活習慣を覚えてもらう方法!

関連記事

  • クリスマスツリーは邪魔?でもやっぱり欲しい!簡易で子どもも楽しめるツリーを作ろう

  • 変わったラッピング方法♪折り紙で可愛いリボンのラッピング!!

  • 小学生におすすめ簡単理科の実験!塩の結晶の作り方レポート

  • 年末年始のETC割引はどうなる?長距離移動も下道利用がオススメ?

  • 2017年の干支は酉♪年賀状にピッタリの親子でかわいい酉のイラストの描き方のコツ

  • 9月20日は「空の日」!2016年全国各地の空港イベントに参加しよう!