1. TOP
  2. そこに山があるから登るんだ!子どもと一緒に登山デビュー 前編

そこに山があるから登るんだ!子どもと一緒に登山デビュー 前編

 2015/12/09 おでかけ アウトドア
この記事は約 3 分で読めます。 112 Views

人はなぜ山に惹かれるのでしょう?それは登ってみればわかります。子どもにとってもかけがえのない「家族の時間」になる登山、デビューしてみませんか?難しく考えないで、お散歩の延長線上にあるんです。

 

どうやって誘おう?

手

散策やアスレチックが好きな子どもに対してでも、いきなり「山に登ってみないか?」と言ったってイメージできません。まずは山が見える景色で「あの山のてっぺんに行ったら、どんな景色が見えるか?」という想像の話で家族で盛り上がってみてください。子どもたちはとても素直で、また大人が思いもしないような答えを返してきたりします。一通り話した後は、あの言葉「山に登ってみないか?」の出番です。

 

まずは準備。装備に必要なものは

子ども靴

基本的に幼児くらいまでは自分で荷物ことはできません。引っかけたりして思わぬ事故につながるので、全て大人が持つことが理想です。慣れてきたら小学生くらいからはリュックに軽いものを入れて持ってもらってください。おやつを担当してもらうととても喜びます。

そして、登山で一番重要と言ってもいい装備は靴です。初心者向けの山は普段靴でも登れますし、観光客などはオシャレな靴で登っている方もいます。ですが、登山を思いっきり楽しむことを考えるとトレッキングシューズを用意したほうがいいでしょう。小学校低学年までは靴の脱ぎ履きに親の介助が必要ですし、足首が固定されるので慣れないと子どもが嫌がることがあります。しかし一度履いて歩いてみると、楽さや疲れ度合いなどは子どもでも感じるほどの違いがあります。また、山ではぬかるみなども多いため、気にせず歩けるのは親として気が楽です。

モンベルのものは価格的にも機能的にもオススメです。一度検討してみてくださいね。

服装にも配慮を

ハンガー

服装は長袖長ズボンを基本に調節のしやすい服装がいいでしょう。山に登るのは思っているより熱くなるので、厚いアウター一枚より脱ぎ着しやすいものを何枚か重ね着する方がオススメです。しかし、子どもは時として真冬なのに下着と長袖シャツ一枚という格好で山頂を駆け回ったりします。無理に着せるより、汗が引いた後で着替えるための下着を持っていくようにしましょう。

どんなに暑くても半袖半ズボンなどの肌が出た服装は避けます。擦り傷の原因にもなりますし、山の中には触るとかぶれてしまう植物もあるからです。

それから帽子も必要です。日差しや植物から守れるほか、万が一転んだ場合に差が出ます。

忘れがちなのがレインウェアです。山の天候は変わりやすいのでどんなに晴れていても持っていきます。

まとめ

「日本には山信仰がある」と言われるほど山が大好きな日本人。見るだけでなく登ってみると、その魅力にどっぷりとはまってしまいます。後編では山の魅力を体験するために、必要なことやオススメのスポットなどを中心に紹介します。

子どもと一緒に登山デビュー後編はこちらから

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

杉浦ちえり

杉浦ちえり

小学生の女の子、幼稚園児の男の子、そして、子どもたちにとっては「お姉さん」の猫の母です。
東京都在住

この人が書いた記事  記事一覧

  • 浴衣っていつまで着ていいの?9月は季節はずれ?長い期間浴衣を楽しむコツ

  • シュノーケリング関東子連れおすすめスポット&事前準備まとめ

  • 子連れで浴衣は大変を解決する3つのポイント!ママだって可愛いって言われたい

  • スマホ充電にも実用的なソーラー充電器が登場!アウトドア・非常時も使える充電器

関連記事

  • 滋賀県高島市のマキノ高原のココがすごい!どの季節でも自然を満喫できる♪

  • 群馬県のお得なおすすめ無料スポット!!家族で遊べる遊園地編

  • 名古屋モクモクファームバイキング!離乳食もあっておすすめ!

  • 初めての子連れキャンプ7つのポイントおすすめの持ち物は?

  • 【子連れショッピング】2015年OPENららぽーと海老名店ってこんなところ

  • 秋はキャンプのベストシーズン! 子供との距離がぐっと近づく秋キャンプの魅力と服装注意点