1. TOP
  2. おでかけ
  3. 地元民が教える子連れ石垣島旅行!赤ちゃんも安心の観光・食事・ホテル

地元民が教える子連れ石垣島旅行!赤ちゃんも安心の観光・食事・ホテル

 2018/03/28 おでかけ 九州・沖縄
この記事は約 5 分で読めます。

ゴールデンウィークや夏休みの家族旅行、今年は石垣島に行こうかなとお考えのパパさんママさん!縁あって石垣島で2歳と0歳の子どもを育てている筆者が、赤ちゃん連れでも安心・満足なスポットをお伝えします!

赤ちゃん連れでも楽しめる観光スポット

石垣島といえば海。子どもにあの青い海を見せたいけれど、シュノーケルやダイビングはまだ早いし…でも大丈夫!石垣島には赤ちゃん連れでも楽しめるスポットがたくさんあるのです!

川平湾

日本百景にも選ばれている景勝地である川平湾は、石垣島の北西部にあります。

白い砂浜にエメラルドグリーンの海が映えまさに絶景。

川平湾は遊泳禁止なので、水中観察にはグラスボートに乗船します。

船底の真ん中がガラス張りになったボートからは、様々な熱帯魚や珊瑚が観察でき、クマノミやウミガメといった子どもたちも大興奮な生物のほか、運が良ければマンタに会えるかもしれません。

グラスボートは複数の営業店があり、約15分おきに出航しているので待ち時間もそれほどなく、乗船時間も20分ほどなので子どもたちも飽きずに過ごせると思います。

ドルフィンファンタジー

離島ターミナルそばのイルカと触れ合えるスポットです。4歳以上からのイルカと泳げるドルフィンスイムが人気ですが、エサやりや合図出しなどトレーナー気分になれるイルカとのふれあいは5歳以下でも保護者同伴で可能なので、動物好きの子は大喜びだと思います。

かなりの人気施設なので、大型連休や夏季シーズンは予約が必須です。

 石垣やいま村

名勝名蔵湾を一望できる丘にある、古民家を中心とした日本最南端かつ最西端のテーマパークです。琉球衣装やサーターアンダギー作り体験ができ、園内にはリスザルや水牛といった動物もいます。特に「リスザルの森」にいるリスザルは元気いっぱいでとてもかわいく、我が家の動物好きの夫と長女はエサあげをしたいがために数回訪れています。併設の食事処である「あんぱる食堂」は座敷席もあり、テーマパークの飲食店ながらリーズナブルで美味しいと評判です。

竹富島

石垣島に来たなら足を延ばしてほしいのがこの竹富島。

フェリーで約10分で着くので、子どもがぐずる間もありません。

水牛車に揺られて沖縄の原風景を楽しんだり、レンタサイクルで島内を回ったりと緩やかな癒しの時間を感じてください。

レンタサイクルは子ども用ヘルメットや子ども乗せシートを無料で貸してくれるところもあるので、家族みんなでサイクリングが楽しめます。

また、シャワー・トイレ完備の遠浅のコンドイビーチは、赤ちゃんの海水浴デビューにもオススメです。

おすすめごはん屋さん

美味しい食事は旅の醍醐味の一つ。でも、子連れ旅行はごはん屋さんを探すのも一苦労。そこで、地元ファミリーに人気のお店をご紹介します。

あらかわ食堂

 看板メニューの牛そばが2017年の八重山そば選手権でグランプリに輝いた、地元客でにぎわう沖縄そば屋さん。

回転が速いので満席だとしてもそれほど待ちません。

座敷席があり、赤ちゃんが一緒でも大丈夫。お子さまそば(100円)もあります。ボリューム満点でジューシーな唐揚げ定食もオススメ。

石垣島料理丸八

老舗の沖縄そば屋さんですが、2015年にリニューアルオープンをしたため外観・店内ともとてもきれいです。

広い店内は座敷・子ども椅子が完備してあり、出汁のきいたあっさり系のおそばをゆっくり楽しめます。

上役が支店視察で石垣島に来た際、こちらへ案内する企業も多いというので味はお墨付き。

Palms

黄色い一軒家風の外観が目を引く、イタリアンビュッフェのお店です。

子どもイス、子ども用食器が完備されているほか、店内のおもちゃを座席に持っていくこともできるので、子どもたちも飽きません。

何より店員さんがとても優しいので、子連れにはありがたいお店です。

とけい台食堂

沖縄料理に飽きたら石垣島で北海道の味が楽しめるこちらへ。

地元客で混雑しますが、店内には子どもイスがあり座敷にはバウンサーまであります。

絵本も置いてあるので、子どもたちも料理が来るまで退屈しません。

お子さまメニューもあり、分厚いカツ丼とお店一押しのザンギ定食でお腹いっぱいになってください。

おすすめホテル

子連れ旅行はとにかく荷物が多くなりがちです。ここでは、そんな負担を少しでも減らすことができるホテルをご紹介します。

フサキリゾートヴィレッジ

おむつ使い放題の宿泊プランがあったりミキハウス子育て総研認定のお部屋があったりと、とにかく子連れに優しいホテルです。天気に関係なく楽しめるイベントがたくさんあり、2018年6月には島内最大級のプールエリアがオープンするので、ビーチとプールの両方を存分に楽しめます。また、レストランにはキッズスペースもあるのでお食事時も安心です。

 ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

海が近くキッズエリアや屋内プール、子ども向けアクティビティが充実しており、あいにくの天候でも1日ホテル内で遊ぶことができます。子ども用アメニティや貸出グッズが豊富で、レストランも子どもメニューやキッズプレートがあり、子連れに最適のホテルです。


アートホテル石垣島

石垣市街地にあるので、移動にとても便利なホテルです。こちらもおむつ使い放題の宿泊プランがあり、大浴場「にぃふぁい湯」にはベビーチェアや赤ちゃん用ソープが用意されているので、荷物を最小限にすることが出来ます。また屋外プールにはベビープールもあるので、赤ちゃんと思いっきり楽しむことが出来ます。

まとめ

いかがでしたか?石垣島は、赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで家族みんなが楽しめるスポット満載の島です。何より島民の子どもの数が多いので、地域として子どもに対する受け入れ姿勢は抜群です。安心して旅を楽しんでくださいね!

この記事のタイトルとURLをコピーする
あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

hikaryuri

hikaryuri

奈良県出身。地元の大学を卒業後、地元企業に就職するも2年半で遠距離恋愛中の夫と結婚し退職。現在は夫の地元沖縄県で2歳の娘と0歳の息子の子育てに奮闘する。「人生何が起こるかわからない」が口癖。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 石垣島のビーチと川遊び&注意点!赤ちゃん連れにもオススメ!

  • 石垣島のお土産6選!無添加・自然素材でママ友にもオススメ!

  • 【南ぬ島石垣空港】授乳室と待ち時間に使える飽きない空港施設!

  • 奈良のお土産!こだわり素材で安心だからママ友にもオススメ!

関連記事

  • 秋を探しに!北九州市『瀬板の森公園』どんぐり拾いとリース作り

  • 長野緑地の「アスレチック風遊具」ご紹介!緑地公園の魅力とは?

  • 寒くても雨でも安心!大阪で行けるお出かけスポット5選

  • 車なしでも大丈夫!公共交通機関で子どもと一緒にアウトドア前編

  • 無料の工場見学!人気のうなぎパイファクトリーは予約不要&お土産付き

  • ファミリーカー人気は?オススメ車種のポイントはスライドドア!