1. TOP
  2. おでかけ
  3. 横浜いちご狩り&食べ放題ビュッフェの東京ストロベリーパーク料金・混雑状況は?

横浜いちご狩り&食べ放題ビュッフェの東京ストロベリーパーク料金・混雑状況は?

 2018/05/22 おでかけ 関東
この記事は約 4 分で読めます。

東京ストロベリーパークが2018年4月29日にオープン。横浜市鶴見区にありますが、東京・・・。東京電力が運営している1年中いちご狩が出来る施設です。完全予約制なので、いちご狩体験は、出来ませんでしたがビュッフェに行ってきたのでレポートします。

東京ストロベリーパークビュッフェ

東京ストロベリーパークの2階にある、ビュッフェレストラン。

パークサイドキッチン。

イタリアンビュッフェ。料理の写真撮り忘れました・・・。

ピザやパスタやサラダやら、一般的なビュッフェを想像していただければ。

価格は、平日大人2100円。土日祝日大人2500円。

まぁまぁ良い値段します。

メインとしては、やはりスイーツビュッフェですね!

いちごを食材とした、ケーキや大福がたくさんありました!

ブラックチョコレートといちごチョコレートのチョコレートファウンテンは、子どものテンションが上がっていました

デザートは、基本的に全部いちご系のスイーツでした。

パークサイドキッチンの混雑状況・予約は?

パークサイドキッチンも、いちご狩同様に基本的には予約制になります。

当日、席の空きがあれば予約無しでも入店可能。

ちなみに、我が家は予約をしたのですが、16時と言う中途半端な時間しか空いていませんでした。

当日、施設内に色々見るところあるだろうとお昼ごろに行きましたが・・・

いちご狩できないと、思ったよりも見る場所は少なく

14時頃にパークサイドキッチンに行ってみると、空席があったので

16時から予約してますが、早めに入れますか?と聞くと

席が空いていたので、入れてもらえました。

東京ストロベリーパーク施設

東京ストロベリーパークの施設は、いちご狩が出来るストロベリーファーム。

施設内には、1階にいちごラボと言う、カフェ?

スタジオスイッチと言う、ジャム作り体験などが出来る施設(予約制)とお土産やさんがありました。

また、入り口には、でっかいいちごが

インスタ映えですね!

施設も全体的にピンク色で、インスタ映えしそうなスポットでした。

東京ストロベリーパークいちご狩

オール電化のハウスなので、東京(正しくは神奈川県横浜市)で1年中いちご狩が楽しめます。

30分入れ替え制の完全予約。料金は

1月から6月が大人2000円、小学生以下1500円、3歳以下無料

7月から12月が大人2980円、小学生以下2480円、3歳以下無料

持ち帰りカップ(300g)と言うコースもあります。

1月から6月800円、7月から12月1400円。

東京ストロベリーパークの公式サイトの注意書きを見ると

パックにご自身で摘んでいただきお持ち帰りするコース(ハウスの中では召し上がることはできません)

なので・・・持ち帰りパックの場合には、食べ放題では無く

いちご狩を楽しんで持って買えるだけみたいです。

東京ストロベリーパーク駐車場

東京ストロベリーパークの駐車場は、建物の道路を挟んだ反対側にあります。

横浜方面から行く場合には、一度、東京ストロベリーパークを過ぎた先でUターンしてくる必要があります。

敷地は広いので、おそらく駐車場に入れないという事は無いかなと思います。

駐車場の料金は、無料です。

東京ストロベリーパーク住所・アクセス

東京と名前が付いていますが住所は、

神奈川県横浜市鶴見区大黒町11-1

平日受付時間:11:00~16:00

土日祝日受付時間:10:00~18:00

定休日:毎週水曜日

最寄り駅は、鶴見ですが歩くのはシンドイ距離なので

電車で行く方は、駅からバスになります。

まとめ

東京電力が運営している新しい施設。テレビで見て行ってみましたが

やはり、いちご狩の予約を取れないと楽しさは、半減するという印象です。

ただし、いちごのスイーツをたくさん食べたい!と言う場合には

ビュッフェもおすすめかなと思います。

美味しいイチゴを安くお取り寄せするならネット通販がオススメ

ロハコクーポンをお得に活用する方法

この記事のタイトルとURLをコピーする
あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ちゃすけ

ちゃすけ

神奈川県横浜市在住、小学生の娘を持つ1児の父
テレビが大好きで、流行りの場所や物を知るとついつい行ってしまう。
世界遺産や絶景好き^^
仕事で夜遅いので子供とまともに会話できるのは、ほぼ週末のみ

コメントを残す

*

*

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【2018年10月版】LOHACO(ロハコ)割引クーポンコードをコピペで使う!無料0円サンプルの探し方

  • 100均で自由研究!ダイソー×ピカちんキットコラボの水に浮かぶ文字をつくろうを作ってみた

  • 横浜いちご狩り&食べ放題ビュッフェの東京ストロベリーパーク料金・混雑状況は?

  • 大和市の図書館シリウスは日本一?漫画も借りれて室内遊び場も完備

関連記事

  • 子どもと一緒に渓流釣り!理科が苦手を実体験で克服しよう!

  • この夏!家族で楽しめる、千葉県おすすめ海水浴場5選!

  • 沖ノ島(千葉県館山)は関東の超穴場海遊びスポット!駐車場だけ混むから時間早目がおすすめ

  • 横浜にツリーハウスカフェ!なんじゃもんじゃカフェ混雑状況5つの攻略法

  • 【関東周辺】2018年のイースターは4月1日!子供向けで予約不要イースターイベントの紹介

  • 話題の『ジブリの立体建造物展』に行ってみた!親子で楽しめる豊田市美術館