1. TOP
  2. おでかけ
  3. 車なしでも大丈夫!公共交通機関で子どもと一緒にアウトドア前編

車なしでも大丈夫!公共交通機関で子どもと一緒にアウトドア前編

 2015/12/14 おでかけ アウトドア
この記事は約 3 分で読めます。

アウトドアといえば車は必須と思っている方はいませんか?もちろん車があれば山奥のキャンプ場に泊まって山の麓の渓流を散策という行動範囲の広い計画を立てることができます。しかし、普段は公共交通機関で間に合っていて車を所有していなかったり、パパしか運転できないから長距離は心配、など車を使えないためにアウトドアを諦めている方もいることでしょう。前編では車なしでアウトドアを楽むメリットと、注意点を紹介します。

車がなくたってへっちゃら!公共交通機関で行くメリット

ELL86_majyonokusuridana

アウトドアにおいて車がないことのデメリットはみなさん思いつくことでしょう。しかしメリットも沢山あります。

時間を読むことができる

キャンプサイトに暗くなる前に着きたいけれど渋滞で間に合わない!となったら暗闇の中でテントの設営をすることになります。公共交通機関であれば大きな時間のズレはありません。

移動時間を楽しめる

知らない道を走るのは、少なからずストレスがあるもの。せっかくの景色を楽しめないこともあります。また、電車が走る山あいの景色はとても美しい場所が多いものです。移動時間の有意義な使い方の一つに寝れるという点も忘れてはいけません。帰りの運転のための余力を残さずに思いっきり楽しめます。

情報が得やすい

駅やバスターミナルには行楽の情報があふれています。観光案内所が駅近辺に設置されていることも多いので覗いているのもお勧めです。また、駅員さんがお勧めの場所を教えてくれることもありますよ。

公共交通機関でアウトドアに行くときに注意する点

山道

まずは荷物の運べる量を把握しておくことです。大人だけで持つ場合、たとえ大きなバックパックがあっても、背負って山道を歩くことを考えればそんなに多くは持てないことがわかります。

そのためにまず検討するのはレンタルでまかなえるものが多い場所を選ぶことです。テントやタープは大きすぎて持っていくことはできません。またコンパクトに収納できるギアを選ぶことも大事です。もしバーベキューコンロを持っていくのであれば小さく折りたたんでバックパックに入れるなどして両手はなるべく空けておかないと、子どもと一緒の場合は何があるかわかりません。

まとめ

いかがでしたか?公共交通機関でアウトドアに行ってみるのもいいかもしれないな、なんて思い始めてきましたか?後編では公共交通機関で行くお勧めのアウトドアスポットを紹介します。車より便利に行けることもあるのでぜひ覗いてみてくださいね。
公共交通機関で子どもと一緒にアウトドア後編はこちら

この記事のタイトルとURLをコピーする
あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

杉浦ちえり

杉浦ちえり

小学生の女の子、幼稚園児の男の子、そして、子どもたちにとっては「お姉さん」の猫の母です。
東京都在住

コメントを残す

*

*

この人が書いた記事  記事一覧

  • 小倉競馬場は子供遊び場が充実!子連れもキッズプラザで1日中楽しめてイベント盛り沢山

  • 【2021年最新】小学生におすすめの日本の歴史漫画!小学館・学研・角川・集英社4社を比較

  • 浴衣っていつまで着ていいの?9月は季節はずれ?長い期間浴衣を楽しむコツ

  • シュノーケリング関東子連れおすすめスポット&事前準備まとめ

関連記事

  • 横浜正華の工場直売は混雑(行列)が凄い!直営店「好」もオススメ

  • ちびっこ連れ外食の選択肢を広げる★おでかけバッグに携帯したいお食事アイテム

  • 子どもとお出かけには必須!!関西のおすすめサービスエリア5選

  • 【関東花火大会2017年版】千葉在住ママの子連れに特におすすめ4選

  • 総移動距離900キロ!北海道はじめての子連れ車中泊旅で絶対はずせない7つのポイント

  • バンコク在住ママ体験談!赤ちゃん連れで国際線飛行機を利用する時に知っておくと安心な事