1. TOP
  2. 子連れでシンガポールチャンギ空港、テーマパーク気分で楽しもう!

子連れでシンガポールチャンギ空港、テーマパーク気分で楽しもう!

親子で楽しむ おでかけ 海外
この記事は約 5 分で読めます。 79 Views

シンガポールへ旅行で訪れたり、乗り継ぎのため空港で時間を調整しなくてはいけない!そんな時、子連れでの時間の過ごし方には頭を悩ませますよね?長時間のフライトで退屈してしまった子どもたちを思いっきり楽しませてあげられる場所が、シンガポールチャンギ空港にはたくさんあります。仕事で毎日のようにチャンギ空港を訪れていた筆者が、そのいくつかを紹介します!!

思いっきりアクティブに遊ぼう!

Children’s Playground (プレイエリア)

children_playground_changi
写真引用元:Changi Airport Singapore HP

1歳から12歳ぐらいまでの子どもが楽しめるプレイグラウンドは、第1ターミナル、第2ターミナル、第3ターミナルのすべてのターミナルに設置されています。大きな滑り台をメインにした遊具があり、24時間解放されています。時間帯にもよりますが、すべてのターミナルに設置されているので、ターミナルの移動も必要ありませんし、人の出入りも分散されるため、子どもたちで溢れかえっていて遊びづらい!なんていうこともありません。長時間座りっぱなしでうずうずしている子どもたちを、思いっきり走り回らせてあげたいですね。


The Slide (滑り台)

the_slide_t3_changi
写真引用元:Changi Airport Singapore HP

次のフライトまで随分時間に余裕があって、空港の外に出ることができたり、シンガポールから帰国の際に、チャンギ空港に早く着いてしまった時などは、パブリックエリアにある巨大滑り台がお勧めです。

シンガポールで1番の高さを誇る滑り台は、第3ターミナルのパブリックエリアにあります。

12メートルの高さから勢いよく滑り降りる速さは、秒速6メートルにもなるそう!

この滑り台で遊ぶには、空港で10ドル以上の買い物をしてそのレシートを持ってインフォメーションカウンターでチケットに替えてもらう必要があります。時々、無料で滑れるイベントdayもあるようなので、事前に確認してみてくださいね。

身長130センチから200センチまでの子ども(大人も楽しめますね!)が利用できます。

アート好きの子どもたち必見!

Art Rubbing Station (写し絵カウンター)

interactive_art_changi
写真引用元:Changi Airport Singapore HP

写し絵カウンターでは、用意されている紙とクレヨンを使って、子どもたちがアートを楽しめます。空港内にいくつも設置されている写し絵カウンターは、いつも嬉しそうに声をあげながらアートを楽しむ子どもたちで賑わっています。空港ならではの飛行機や、シンガポールのアイコンが浮かび上がる写し絵は、持ち帰って旅の思い出の一つにもなりますね。写し絵カウンターは、第2ターミナルと第3ターミナルのトランジットエリア第1ターミナルと第3ターミナルには出入国手続き前後のパブリックエリアにも設置されています。

 

Movie Theatre (映画館)

movie_theatre_changi
写真引用元:Changi Airport Singapore HP

乗り継ぎまでまだまだ時間がある、さあどうしよう!そんな時に映画はいかがですか?第2ターミナル、第3ターミナル内のトランジットエリアにある映画館では、子ども向けの映画も上映されます。事前に上映時間を調べて行かれることをお勧めします。

また、映画館の他にも、第2ターミナルのFamily Zone (ファミリーエリア)では随時子ども向けの番組が映されたテレビもありますので、映画の上映時間に合わない時はそちらもお勧めです。

航空ファンの子どもは大喜び!

Changi Aviation Gallery (航空ギャラリー)

changi_aviation
写真引用元:Changi Airport Singapore HP



第3ターミナルのパブリックエリアにある航空ギャラリーでは、チャンギ空港がどのように安全で能率的に飛行機を離発着させているかを見ることができます。チャンギ空港では、毎日、1日14万8千人もの人たちが乗り降りしていることをご存知でしたか?ギャラリーでは飛行機のモデルなども展示されていますので、航空ファンの子どもたちには必見のスポットです。

自然に触れて親子でリフレッシュ!

All kinds of Gardens (さまざまな庭園)

butterfly_garden_changi
写真引用元:Changi Airport Singapore HP

チャンギ空港の中には、Cactus Garden (サボテン庭園)、Butterfly Garden (蝶のガーデン)、Orchid Garden (ラン庭園)、Sunflower Garden (ひまわり庭園)、Enchanted Garden (魔法にかけられたガーデン)など、さまざまな種類の庭園があります。無機質なイメージの空港内で、自然に触れて癒されてみてはいかがでしょうか。第1ターミナルから第3ターミナルまで、庭園をめぐり歩いても楽しいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

ご紹介したスポット以外にも、テレビラウンジや、自分たちが撮った写真をスクリーンに映し出して遊べるThe Social Treeというスポットなど、親子で楽しめるスポットが満載のシンガポールチャンギ空港。2017年には第4ターミナルが完成し、ますます発展する空港です。

お買い物や食事以外でも、親子で過ごせる空港での時間を楽しんでくださいね!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

vivifromngo

名古屋出身。現在はシンガポール在住。在住歴12年。夫と1歳の娘と暮らす主婦です。趣味は旅行、ヨガ、カフェ巡りなど。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 毎日の絵本タイムに英語絵本を!イギリス人児童文学作家アンソニー・ブラウン作品6選

  • 人気イギリス人作家、エリックヒル!シンガポールで人気の英語仕掛け絵本7選

  • 【材料費500円】手作りクリスマスリースの作り方!シンガポールでも100均ダイソー♪

  • パティシエ直伝!手作りクリスマスケーキレシピ☆!オシャレなシューノエルの作り方

関連記事

  • 折り紙でラッキースターを作ってみよう!材料4つ簡単なラッキースターの作り方

  • 小林一茶の有名な俳句で古典に親しもう!愛媛では小学生が俳句を詠む

  • 絶滅危惧種キタオットセイに岡山県で会える!市立玉野海洋博物館(渋川マリン水族館)

  • ちょっと変わったラッピング方法♪折り紙で可愛いリボンを作ろう!!

  • ファミリーカー人気は?オススメ車種のポイントはスライドドア!

  • カチカチにならない棒つきアイスの簡単な作り方!コツは1つだけ!