1. TOP
  2. 親子で楽しむ
  3. 子どもと初めてのスキーで失敗しない豆知識&神奈川から近いおすすめのファミリー向けゲレンデ

子どもと初めてのスキーで失敗しない豆知識&神奈川から近いおすすめのファミリー向けゲレンデ

さて、冬本番になってきましたね。冬といったら我が家はスキーです。

私自身、子供の頃からよくスキーに連れていってもらい楽しんできたので自分の子供達にも楽しさを伝えたいと思い毎年スキーにいっています。

ただ、いざ小さい子供を連れていくとなると、

キッズスペースあり
室内でも休憩できる場所あり
子供が3人いると場合によっては託児所を使いたい
など様々な要望が出てきます。
そうなるとファミリー向けのスキー場を探すのが意外と大変ですよね。

この他にも

「スタッドレスタイヤは必要??」
「チェーンはいるの??」
「スキーウェアは必要??」
などの疑問もありますよね。

色々考えているうちに子連れでスキーに行くのが億劫になってしまう方もいると思います。
そんな方は是非参考にしてください。

神奈川在住の我が家が良く行くホームゲレンデ2カ所も紹介します。

子どものスキー用品はレンタル?購入?

我が家の子供達は、滑るというより雪遊び中心の為、スキー板やスキー靴はレンタルにしています。

ゲレンデにもよりますが、スキー板とスキー靴のセットで
子供1人2000円前後でレンタルできると思います。

スキーウェアや手袋、スノーブーツはレンタルもできますが、我が家は中古品の中から状態のいい物を探して購入しています。

子どものスキーウェアや手袋はレンタルより中古購入がおすすめ

レンタル品だと使い古されている物が多く、すぐに雪が滲みてきてしまい、せっかくの雪遊びが楽しめません。

子供はどんどん成長していくので購入するのが勿体なく感じてしまいますが、そこは子供が楽しめるのが1番です。

我が家は2シーズン使用できる大きさを購入し、上着は保育園への登園時にも使用しています。

すべてレンタルすると1人5000円くらいになると思います。
5000円だとウェア関連は中古品ですべて揃えられます。

1シーズンで2回スキーに行くなら購入した方が安いですね。

スキー場に行く時の車は寒冷地使用??

私はスキーに行く場合は、必ずスタッドレスタイヤを装着しています。ノーマルタイヤとチェーンの組み合わせでも行けるゲレンデもありますが、安全性を考え必ずスタッドレスタイヤに履き替えます。

また、高速道路でチェーン使用した場合、乗り心地が悪くなったり、走りすぎてチェーンが切れるといったトラブルもあるのでスタッドレスタイヤをおすすめします。

スタッドレスタイヤでもチェーンは必ず携帯しよう

しかしスタッドレスタイヤに履き替えれば、チェーンはいらいないというわけではないので必ず携帯しましょう。

チェーンは、1回は装着する練習をすることをおすすめします。
私も何回か経験がありますが、簡単と書いてあっても意外と難しいんです。
子供がいる中で説明書を読みながらの作業、さらに雪で手がかじかみ動かしずらくなるので初めてだと苦戦すると思います。

さらにエンジンオイルが凍らないように不凍液を入れておけば準備万端、ゲレンデへレッツゴーです。

神奈川から近いファミリースキーおすすめゲレンデ2選

雪質抜群!!たんばらスキーパーク

たんばらスキーパークおすすめ理由その1

たんばらスキーパークは、なんといってもキッズパークがかなり充実しています。

ゲレンデとの境目もはっきり分かれている為、スキヤーが突っ込んでくるといった心配もありません。

スノーストライダー、大人も乗れるチュービング、ソリ遊びと子供も大人も楽しめる場所になっています。

なにより、スノーエレベーターがあるので自動で上まで登っていけます。子供は、疲れ知らずで何度でも上まで登っていけますが大人はそうもいきません。

スノーエレベーターは、大人には必須です。

料金は、半日、1日利用で異なります。詳細は、ホームページを確認してください。

そして室内のキッズスペースもかなり充実しています。

様々なスキー場にいきましたが、たんばらスキーパーク程、広くて居心地が良いキッズスペースはありませんでした。

子供用のトイレも完備されているの安心して過ごすことができます。

遊具があったり、ゲームがあったりと子供は雪遊びよりこちらがメインになるかもしれません。

ちなみに我が家の子供達は、ゲレンデより室内キッズパークいる時間のが長いです。

たんばらスキーパークおすすめ理由その2

板を履けない子供でもスキーリフトに乗れるところです。意外と少ないんです。板は履けないけど、しっかり歩けるから大丈夫と思っても乗れない場合が多々ありました。

ここのスキー場は、山の中腹にあるレストランのタンバライスというのが名物です。タンバライスを食べるには、スキーリフトに乗るしか方法はありません。行った際は是非ご賞味ください。

話がそれましたが、子供に滑る感覚を味わせたいとき、やはりスキーリフトに乗れないのは不便です。

なお、怪我や安全面は、自己責任です。子供のスキーのレベル、大人のスキーのレベルに合わせて楽しんでください。

我が家は、スキー板の先に子供を乗せてゆっくり滑って下山しました。もちろん、歩いても下山できるので滑れなくても大丈夫です。

パウダースノーで遊ばせたい、滑りたい方は是非訪れてみてください。

 

都心から気軽にいけるふじてんリゾート

ふじてんリゾートおすすめ理由その1

このスキー場は本当にアクセスしやすいんです。都心から90分で到着します。また行く道中に雪道が少ないため、スキー初心者で運転が不慣れな方にはかなり行きやすいと思います。

シーズンにもよりますが、ノーマルタイヤでいくことも可能です。

我が家もさくっと雪遊びしたい時に利用します。スキーに行った後にも予定を入れることができる為、1日の時間をかなり有効活用できるスキー場だと思います。

ふじてんリゾートおすすめ理由その2

我が家がこのスキー場に行くようになった最大の理由ですが、託児所があるからです。

下の子を抱っこしながら上の子供達と遊ぶのは、疲れるかつ危険です。

こちらのキッズエリアもスキーエリアとはっきり分かれている為、安全性は高いですが雪は滑ります。

抱っこしながら遊ぶのは身動きしにくいのでおすすめできません。

ただ、生後1年未満で預かってくれる託児所あるゲレンデというのかなかなかないんです。

ふじてんリゾートの託児所は、予約制になりますが0歳から小学生まで預かってくれます。

託児所、キッズエリアはゲレンデのオープン時間と異なる場合があります。

詳細はホームページにて確認をお願いします。

たんばらスキーパークの住所・駐車場情報

たんばらスキーパークの所在地は、群馬県沼田市上発知町350-1です。
カーナビでたんばらスキーパークと入れても出てきます。

公式サイトで東京から関越自動車道で約2時間となっていますが、3時間をみておいた方がいいです。

高速道路を下りてからかなりの雪道を走っていきます。

スタッドレスタイヤの装着を強くおすすめします。
またスタッドレスタイヤでもチェーンが必要な場合があるので必ず携帯してください。

ゲレンデ近くの駐車場に止めたいならオープン1時間前目安

駐車場は、3000台駐車できますが、ゲレンデの近くに駐車したい場合は早く行くことをおすすめします。
我が家は、6時くらいに到着しています。
オープン1時間前くらいを目安にいくと良いと思います。

トイレは空いているので自由に使えます。

ゲレンデ周辺にはコンビニがないため、あらかじめ購入していくことをおすすめします。

オープン時間は土日と平日では異なりますので公式ホームページを確認してください。

ふじてんスノーリゾートの住所・駐車場情報

所在地は山梨県南都留郡鳴沢村字富士山8545-1です。
カーナビでふじてんスノーリゾートと入れると出てきます。

ふじてんスノーリゾートもかなり大きな駐車場がありますが、ゲレンデの近くに駐車したい場合は早く行くことをおすすめします。

こちらもオープン前でもトイレは使用できます。

アクセスしやすい分、混雑もしやすいです。
先にノーマルタイヤでも行けると書きましたが富士山2合目に位置しているゲレンデなので行くまでに道路が凍結している場合があります。必ず、チェーンなどの滑り止めを携帯してください。

オープン時間はホームページを確認してください。

まとめ

雪遊びは、子供にとっても大人にとってもとても楽しい思い出になります。

雪道への備えは、万全にしていきましょう。決して無理な運転はしないようにしてください。

1シーズンだけと思わず、その1シーズンを大切にしましょう。

我が家もまだまだ開拓中なのでまた良いゲレンデ情報があれば、紹介していきます。

暖冬で雪は少ないみたいですが、本番はこれからです。季節を楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

チロクラフト

チロクラフト

三人の子を持つ父親です。神奈川県在住、31歳です。癌になったのをきっかけにFP、AFP 、公的保険アドバイザーの資格を取得し、副業で相談を受けています。アウトドア大好き、DIY大好き、ウィンタースポーツ大好き、本業はそこそこ。子供に全力でいきる大切さ、学校じゃ教えてくれないものを伝えようと日々生活してます。ライター経験なしですが、ゆっくりやっていきます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 子どもと初めてのスキーで失敗しない豆知識&神奈川から近いおすすめのファミリー向けゲレンデ

  • 大人も楽しめる洗足学園フェスティバル2019に子連れで行ってみた

  • ファンタジーキッズリゾート港北に行ったクチコミ体験談!日本最大級の全天候型室内遊園地

  • 関東最大級の人形劇まつりin川崎の感想!おすすめの見どころとアクセス方法

関連記事

  • 100均商品で1日で作れる!ハロウィン子供の仮装でジバニャンに変装!

  • カチカチにならない棒つきアイスの簡単な作り方!コツは1つだけ!

  • 横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール!おすすめ情報!

  • 子どものアレルギー抑制効果も期待できる?!ペットと暮らすメリットとは?

  • 北山ダムでサイクリング!子連れにおすすめ「さが21世紀県民の森」

  • 外遊びの出来ない日はどう過ごす?家の中での遊びのアイディア紹介