1. TOP
  2. 暮らしのアイディア
  3. ハンドメイド
  4. ちょっとした子供服の穴補修におすすめ!カンタン手作りワッペンの作り方

ちょっとした子供服の穴補修におすすめ!カンタン手作りワッペンの作り方

 2020/04/14 ハンドメイド 暮らしのアイディア
この記事は約 3 分で読めます。
手作りワッペンの作り方

子供が転んだり遊んだりするうちに、いつの間にか膝にが…。

「子供服は一時だから買い直さずに済ませたい」

「サイズが変わりそうだからもう少し着ていてほしい」などなど、服を長持ちさせたい場面は沢山あるはず。

我が家は凝り性の子供たちなので、穴を直してでも同じ服を着たいとせがまれます。

そんな子供たちのためにカンタン・家庭科2の私でもすぐにできる手作りワッペンを教えちゃいます!

 

手作りワッペンの材料

 

・お好みの柄の布
・フエルト
・接着芯または布用ボンド
・針、糸 (ミシンを使ってもOK)

たったのこれだけ!

手作りワッペンの作り方

お好みの柄の布を好きな大きさに切り取る。

キャラクターの部分だけ切り抜けば、よりワッペンぽく仕上がります。

布はキルティングのような厚手のものでもOK

今回はダイソーのミッキーのはぎれを使いました。結構薄手です。

 

フエルトに並べて、接着芯または布用ボンドで貼り付ける。

後ほど貼り付けた布の周りと縫う作業があるので、密着しすぎないように貼り付けます。

裁縫に自信のある人は、まち針で止めて次の工程に移ってもいいですが、

ズレやすいので貼り付けた方が縫いやすく、完成後取れにくいです。

布用ボンドは、イクジラのライターさんが書いた以下の記事が役立ちます^^

>>ボンドで簡単通園バッグ作り方

>>100円ショップセリアの布用接着剤は使える?実際に作って、使ってみた感想!

 

ジグザグ縫いをする。

乾いたら布の周りをジグザグ縫いします。

ミシンだとより細かくできて見栄えがキレイです(私の技術力なので画像の出来はイマイチですが…)

もちろん手縫いでジグザグ縫いにしたり、あえてザクザクした縫い目にしたり。

ワッペンや洋服のテイストによってアレンジしてもいいです!

 

一つひとつ切り離す。

ワッペンを一つひとつ、ハサミで切り離します。

フエルトは洋服に直接縫い付ける部分になるので、ギリギリで切り過ぎないように注意!

3~5mm程度残しましょう。

洋服の補修したい箇所へ貼り付ける。

洋服の穴の開いた箇所など、補修した場所へ貼り付け、縫いつけします。

2.と同じで自信のある人は直接糸でチクチク縫いつけちゃってください。

このときも細かいステッチにしたり、ザクザク縫うかはお好みで。

私は手縫いでなみ縫いしちゃいました。

 

おわりに

この方法の便利なところは…

・一度にワッペンを大量生産できる!

・貼り付けてから縫うので、縫うときが

マイナーなキャラクターもお手軽にワッペンに出来ちゃう!

の3点です。

「今時ワッペンなんて古くさい…」と思っている方は、ぜひ補修目的ではなく、

リメイク材料の一つとして使ってもらえればと思います。

デニム生地のボトムで何箇所がワッペンがついてると、まるで売り物かのような出来栄えになりますよ!

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

手作りワッペンの作り方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

秋本ゆいき

秋本ゆいき

長野県在住。農業をやりつつ7歳5歳3歳の子育てをしています。

たまの楽しみは観劇やライブ♪

断捨離に燃えながらまったりと過ごしています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ちょっとした子供服の穴補修におすすめ!カンタン手作りワッペンの作り方

  • 2人目の子供(兄弟姉妹)年の差ベストは何歳差?結局いくつだと楽なの?

  • 実は、怖がる子どもが多い!ヒーローショーを楽しむための注意3ヶ条

  • 断捨離に!ヤフオク・フリマアプリで売れやすい&売れにくい子供服・育児グッズ!

関連記事

  • 日本のものってやっぱり便利!フランスにはない生活&育児グッズ

  • 樹脂粘土(ダイソー)でアクセサリー!2種類のバラの花の作り方

  • プチプラのヘアアクセサリー可愛いくて安いから何種類も揃えたい

  • 収納にはキッチンワゴンが大活躍!収納アイディアとおすすめ4選

  • 【フェイクスイーツ】どんぐり飴の作り方!100均材料だけでレジンアクセサリー

  • 子どもの身を守るためにできること:公衆電話の場所と使い方を教えよう