1. TOP
  2. 【2歳からの英語幼児教育】14のメリットデメリットで英語教室と通信教育を徹底比較

【2歳からの英語幼児教育】14のメリットデメリットで英語教室と通信教育を徹底比較

 2015/09/02 教育 習い事 自宅学習
この記事は約 3 分で読めます。 190 Views

英語教育の早期化が進む中、幼児のうちから英語に触れさせたいと考えるお父さん・お母さんが増えています。私も子供が2歳半の時から英語教育を行っています。今は教室や教材も増えてどうやって始めれば良いのか迷います。私が調べた時に感じた英語教室と通信教育それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

1.英語教室のメリット

 1d26957a672e68402808e013cca5e717_s

・外国人と直接やりとりできる

・英会話でのコミュニケーションができる

・決まった時間に必ずやるという習慣ができる

・プロによる指導で子どもも楽しく学べる

最大のメリットは外国人の先生と生のやり取りが出来るということ。私自身もそうでしたが、中学生から英語を始めてあいさつしようと言われても照れくさくてなかなかできません。幼児のうちに生の英会話に触れることで英語を話すということに抵抗感がなく日常の中でも英語が飛び出すようになります。

2.通信教育のメリット

20150818113245538

・好きな時間に英語に触れることができる

・繰り返し学べる

・さまざまな英語のおもちゃが用意されている

・教材費が安価なものもある

通信教育の最大のメリットはお子さんや家庭のリズムに合わせて英語に触れることができるという点。今日は時間が取れるからゆっくりと、今日は隙間時間で…などその日の時間をうまく使いながら英語に取り組む事が出来ます。また、繰り返しが可能なので何度も見たり聞いているうちに英語が身に付きます。

3.英語教室のデメリット

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

・月謝が高い

・週1回なので英語に触れる時間が少ない

・外国人や先生と合わない可能性も

英語教室のデメリットはやはり月謝の高さ。入会金や教材費のほか、月々8,000円前後の料金がかかります。また、長女のお友達には外国人の先生を怖がって慣れるのに1年かかったという子もいました。外国人と直接触れられる機会が作れる反面、見慣れない雰囲気に小さい子は怖がってしまいレッスンどころではなくなってしまうこともあるようです。

4.通信教育のデメリット

20150809093105311-1024x768

・親から積極的に働きかける必要がある

・親子で取り組む必要がある

・一方通行で英会話が成立しない

通信教育のメリットが好きな時間に出来るという点である反面、親から積極的な働きかけを行わないと飽きてすぐにやらなくなってしまいます。また、DVDを一人で見せていてもただ見ているだけで終わってしまうので、筆者も一緒に英語を声に出したりしています。通信教育で長続きさせるには親子で取り組むことが必要不可欠になってきます。

5.どちらも一長一短がある

dd828a65fe26f1f20726c541b28919e6_s

好きなときに毎日でも取り組める通信教育に対して、それのみでは英語に触れる時間が少ない英語教室。ネイティブの指導のもと生の英会話を楽しく学べる英語教室に対して、親が積極的に取り組む必要があるので英語が苦手な人だと負担が大きいかもしれません。また、人見知りな子にとっては英語教室で見知らぬ人たちと関わるよりも親子で関われる通信教育の方が安心して楽しめます。

まとめ

いかがでしたか。教室、通信教育ともにメリット・デメリットがある幼児の英語教育。我が家の長女は2歳半から通信教育を始めましたが、2年が経過してようやく少しずつ日常で英語が出てくるようになりました。どちらにしてもいえることは継続しなければ身に付かないし、忘れていってしまうということです。英語を習わせたいと思ったら、どちらが向いているのかよく考えて選ぶ事をおすすめします。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

phonograph

phonograph

東京都出身。5歳の長女と2歳の長男をかかえるアラサー専業主婦。文章を書くことが好きで大学卒業後は広報紙の企画・編集の仕事に携わるも、結婚を機に退職。転勤族の夫と共に関西~関東まで各地を転々と回る。趣味はもの作り。子どもが笑顔になって遊ぶ物を作ることに情熱を燃やす。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 持たせるならスマホ?キッズ携帯?キッズ携帯を選ぶメリット

  • 【クラゲドリーム館】山形の世界一クラゲ水族館!を親子で楽しもう

  • 小学生から携帯電話を持たせるならいつから?持たせるメリットは?

  • パルシステムのグリーンボックス!費用はお得?内容は?お試し体験談!

関連記事

  • ハロウィンは手作りピニャータで準備もイベントも大盛り上がり!紙袋ピニャータの作り方

  • 子ども英語のハロウィンの歌!おすすめ動画10選とハロウィン豆知識

  • 日清麺職人や太田胃散のCMも!馴染みのあるクラシック(TV・CM編)

  • 漫画日本の歴史まんがどれ選ぶ?小学館・学研・角川・集英社4冊を比較おすすめの選び方

  • 頭足人ってなに?幼児の発達過程で必ず現れる謎の生き物!&お絵かき指導のポイント

  • テアトルアカデミー料金っていくら?入学金や月謝の費用を合格者が暴露