1. TOP
  2. 暮らしのアイディア
  3. ハンドメイド
  4. はぎれを縫い合わせるだけ!大人リボンのヘアゴムが出来た

はぎれを縫い合わせるだけ!大人リボンのヘアゴムが出来た

女の子はいくつになってもリボンが好きです。

でもアラフォーともなると、子供や若い子と同じ可愛いリボンはちょっと恥ずかしいな、と思っていました。

そこで、布小物を作った余りの布で、大人のリラックス感のあるリボンを作ってみました。

材料

厚紙

布2枚

ヘアゴム

作り方

厚紙を20センチ×5センチにカットします。

厚紙を布の上に置いて、印を付け、布をカットします。

布を中表に合わせ、返し口を5センチくらい残して、周囲をぐるりと縫い合わせます。

※角をキレイに縫うためには、角に来たらミシンを止め、手動で針を下に下ろします。
そのまま布抑えを上げ、布を90度回転させると、角をキレイな直角に縫うことができますよ。

4つの角の余分な縫い代を三角のカタチに切り落とします。

返し口から布を表に返します。

アイロンで布を落ち着かせます。

返し口をコの字型に縫い閉じます。

ヘアゴムに結んだら完成です。

絶妙なリラックス感は大人の証

いかがでしたか?

20センチ×5センチという小さなはぎれ布2枚で、大人のリラックス感ただよう素敵なヘアゴムが完成しました。

耳がぴょこんと立った、うさみみリボンは子供の可愛さを引き立てますし、高級感溢れる華やかリボンは若い娘さんによく似あいます。

そして、こちらのリボンはアラフォーの普段使いにぴったりのヘアアクセサリーだと私は思います。

ぜひ、お気に入りの布で作ってみてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

MAKI

MAKI

愛知県出身。2人の女の子と1人の男の子を持つアラフォー専業主婦。学生時代はルポライターを目指すもいろいろあって公務員の道へ。結婚を機に退職し、転勤族の夫について日本全国を転々とする中、子供の入園グッツを手作りしたことをきっかけにハンドメイドにはまる。好みの布を見つけた時とミシンをカタカタを動かしている時にささやかな幸せを感じる。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 使わなくなったお弁当ピックをリメイク!再利用で可愛いキャンディの作り方

  • フェイクスイーツのチョコレートクッキー作り方!チョコチップザクザクを作ってみよう

  • 可愛いチョコパイの作り方!簡単フェイクスイーツ作りの材料は100円ショップと家にあるものだけ

  • 【フェイクスイーツ】どんぐり飴の作り方!100均材料だけでレジンアクセサリー

関連記事

  • 配偶者特別控除とは?配偶者特別控除還付申告書作成の手順!

  • 簡単すぎて拍子抜け!?子供用ガーゼマスクの作り方

  • 2016年クリスマスは日曜日♪巻いて付けるだけの簡単手作りキラキラ100均X’masリースの作り方

  • 金属アレルギーの子でも大丈夫なアクセサリーの作り方!100均材料!

  • 朝のイライラ解消!子どもが自分から動くようになる「やることボード」の作り方!

  • 子ども用ファーストリュックの選び方!アウトドア好きママが教える5つのコツ