1. TOP
  2. 子育て
  3. 育児
  4. 【小学校入学準備】ストックしておくと安心な学用品一覧!新1年生のママパパ必見

【小学校入学準備】ストックしておくと安心な学用品一覧!新1年生のママパパ必見

育児 子育て
この記事は約 6 分で読めます。

お子さんの小学校入学を控えている新1年生のお母さん、お父さん。

「学用品」の準備は始めていますか?

 

ランドセルや教科書ラックなどの大きなものから、

文房具類、給食セット、体育着、上靴などの細かいものまで

「入学準備」で購入するものは非常に膨大ですよね。

その中には、

 

あらかじめ多めに買っておくと便利なもの

予備をもう1セット用意しておくと安心なもの

 

もあるのです!!

 

私には小学5年生(春には6年生)になる娘がいるのですが、

今回は、これまでの小学校生活を通して感じた

 

ストックしておくと安心な学用品

 

を、ご紹介していきます。

 

入学後、しばらくの間は、

親も子も「小学校生活」に慣れるだけで精一杯の状態に。

そのため、これらのものを「入学前」の時期から用意しておくと

後々、とても楽になりますよ♪

 

 

まとめ買いがオススメな学用品

 

鉛筆&消しゴム

鉛筆や消しゴムは毎日使うため

 

すぐに短くなったり小さくなる

 

という部分もありますが、

それに加え、頻繁にペンケースから出し入れするためか、

 

とてもなくしやすい

 

という側面も。

(特に低学年のうちは)

 

かなり頻繁に「補充」が必要になる鉛筆&消しゴムは

「箱買い」をして家に置いておくのがベター。

 

鉛筆については、

 

赤鉛筆(学校によっては赤青鉛筆)

鉛筆キャップ(小さいのでなくしやすいです!!)

 

も、

忘れずに「まとめ買い」しておくのをお忘れなく!

 

 

自由帳

 

休み時間のお絵かき

教科のノートや連絡帳などを忘れた時に代わりに使う

 

など、

思いのほか使用頻度が高く、

すぐに使い切ってしまいがちなのが自由帳。

 

「国語」や「算数」などのノートは、

学年ごとに「マス目」や「行」の幅が指定されている場合が多いものの

自由帳については「全学年共通」であるため、

たくさんストックしておいても全く問題なし!

 

使い切るたびにお店に買いに行くのは大変なので

一定量をまとめて買って家に置いておくのがオススメ。

 

 

ポケットティッシュ

 

ポケットティッシュは、

鼻をかむときに使うのもさることながら、

 

気付かないうちに落としてなくしてしまう

ポケットに入れたまま洗濯してしまう

 

などのアクシデントも頻発し、

油断するとストックがなくなってしまいがちに・・・。

 

学校によっては、

「ハンカチとポケットティッシュを持ってきているか」

を、毎日チェックするという場合もあるため、

「持っていけるポケットティッシュがない」という事態は避けたいもの。

あらかじめたくさん買っておくと安心です。

 

 

予備にもう1セットあると安心な学用品

 

体育着

 

体育着については

 

週の途中に汚して持って帰って来たものの翌日までに乾ききらない

週末に持ち帰ってくるのを忘れてきて洗えない

破れたり壊れたりしてしまう(特にズボン)

 

という事が時々起こるため

用意しているのが1セットだけだと

ちょっと心もとないもの・・・。

 

このようなピンチに備え、

紅白帽も含めて2セット用意しておくと安心です♪

 

 

水筒&お箸セット

 

学校に忘れてきてしまうものNo.1!

と言っても過言ではないのが、水筒&お箸セット。

 

夕方くらいまでだったら取りに戻れるものの、

夜になってから

 

「水筒忘れてきた!」

「お箸セット、ロッカーに入れたままだった!!」

 

と気付いたときは、時すでに遅し。

次の日に持って行けるものがなくなってしまうという事態に・・・。

 

水筒は、水分補給が必須になる「夏」の時期は特に注意が必要。

予備がないと子どもの健康面に影響が出る危険性も。

 

これらのものも、学校に忘れてきた時に備えて

1セット多めに買っておくのがおすすめ!!

 

 

各教科のノート

 

夜、子どもが翌日の時間割を揃えているタイミングで

 

「お母さん、算数のノートがなくなった!」

「新しい国語のノートある?」

 

と言われるのは「小学生あるある」と言っても良いほど、

しょっちゅう起こりがち。(どのお宅でも似たり寄ったりなようです)

 

このような突然の

 

「ノートがなくなった!!!」

 

に、備え、

各教科のノートをあらかじめ1セット分用意しておくと慌てずに済みますよ!

 

ただし、

学校から指定されるノートの「行」や「マス目」のサイズは学年ごとに変わってくるもの。

つまり、買いすぎてしまうと進級した後に使えなくなってしまう可能性大。

学年末が近づいてきたら、子どものノートの残量に注意をし、

余分に買いすぎないのも大切になってきます。

 

 

三角定規&分度器&コンパス

 

算数の単元によっては必須となる

三角定規&分度器&コンパス。

 

これらについても、非常になくしやすいのはもちろんですが、

それ以上に、

 

学校に忘れて帰ってきてしまって宿題ができない

(これらを使って解く宿題が出る場合もあります)

 

という事態が頻発してしまいがちに・・・。

 

子どもが学校に持って行く用とは別に

自宅にも1セット用意しておくと

 

学校に忘れてきてしまった

なくしてしまった

 

という時にも慌てず対応可能!

 

「宿題ができない」

「授業に影響が出る」

 

という事態を防げますよ♪

 

 

番外編:油性ペン

 

幼稚園・保育園の時と同様、

小学校でも、ありとあらゆるものに「記名」が求められます。

そのため、小学校に上がってからも「油性ペン」の買い置きは必須!

 

ノートや新品の文房具などに子どもの名前を書こうとしたとき、

インクがかすれて出ない・・・というのはよくある事。

 

油性ペンのインク切れで「記名」ができない

かすれたインクで名前を書いたら見た目が悪くなった

 

という事を防ぐためにも、

油性ペンは常に予備を用意しておくのがマスト!

 

 

おわりに

 

私の経験から、

あらかじめストックしておくと安心な学用品をご紹介してきました。

 

突然の

 

「あれがない!」

「なくした!」

「忘れてきた!」

 

にも慌てず対応できるよう、ここでご紹介した内容を参考に、

今のうちから「準備」をしてみてくださいね。

きっと後で役に立つと思いますよ!

この記事のタイトルとURLをコピーする
あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

山中みさと

山中みさと

1981年生まれ、宮城県仙台市出身、千葉県在住。
2007年6月生まれの娘・2018年8月生まれの黒猫(男の子)の子育て真っ最中。
大学卒業後は出産まで図書館に司書として勤務。
結婚後は、子どもの幼稚園・小学校でPTA役員を経験。
教員免許(中高・国語)、司書資格、司書教諭資格を持つほか、
学生時代、塾講師のアルバイトの経験もあり。
趣味は、読書、アニメ。


10年近く育児をしてきた中で、
いいことだけではなく、困ってしまったこと、悩んだこと、
壁にぶつかったことなど、たくさんの経験をしてきました。

そんな私の経験を記事にし、
少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • エスカップネクストはママにも嬉しい効果が?私が実際飲んでみた感想

  • 子どもがテストで悪い点を取っても叱りすぎないで!その後の対応が大事

  • 「2人目まだ?」攻撃を1人っ子ママの私はこうやって乗り切った!

  • アパガードの子ども向け商品アパキッズは何歳から使えてどんな効果があるの?

関連記事

  • 「上手な断り方」さえ身につければママ友付き合いのストレス軽減!

  • ママへのお勧めサイト4選!育児の合間にホッと一息つきましょう!

  • 子連れで居酒屋に行く時に注意すべき5つのポイントをご紹介

  • 感動間違いなし!NHKみんなのうたCRaNE「おおきなおなか」はママに聴いてもらいたい!

  • 春こそハウスダスト対策を始めよう!そのくしゃみはもしかして?

  • 小学校の担任に不満・合わないと苦情を言う前に!先生の仕事の大変