1. TOP
  2. 教育
  3. 小学生の春休み総復習の仕方!市販ドリル等で苦手克服して新学期スタート

小学生の春休み総復習の仕方!市販ドリル等で苦手克服して新学期スタート

教育 商品紹介 習い事 自宅学習
この記事は約 6 分で読めます。

あなたのお子さんは、

今の学年の「学習内容」をきちんと理解できていますか?

 

苦手な単元

理解が不十分な箇所

 

は、ありませんか?

 

もし、そのような部分があるのなら、

春休みを利用してしっかり克服をしておきましょう!!

 

それは、

 

春休みは「復習」をするのに絶好の時期

 

であると考えられるからです。

 

ここでは

 

春休みが「復習」に絶好の時期である2つの理由

 

を、お話ししていくのと同時に

 

春休みに「苦手」を克服する3つの方法

 

についても具体的に言及していきますので、

 

「我が子の学習理解度に不安がある」

「どんな学習方法を選んだら良いか分からない」

 

という方は

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

 

春休みが「復習」に絶好の時期である2つの理由

 

①宿題が出ない場合が多い

 

夏休みや冬休みには、

 

計算ドリル

絵日記

工作

書道

 

などの宿題がつきものですが

春休みは、

 

新学期からクラス担任が変わる

休みの期間が短い

 

という理由からか

宿題が出されない、出たとしてもごく少量のケースが多いもの。

 

そのため、他の長期休暇に比べ

 

時間にゆとりがある

 

という傾向が。

 

レジャーなどに出かけるのも良いですが、

宿題の負担が軽い分、

 

苦手な教科・苦手な単元の克服

 

に充てる時間も設けてみてはいかがでしょうか?

 

たくさん宿題が出される「夏休み」や「冬休み」

毎日学校で長時間授業を受けてくる「学校期」に比べ、

お子さんが感じる「負担」も軽減され、

無理なく「苦手を克服」できる可能性が大ですよ!

 

 

②新学年の授業についていけるようになるラストチャンス

 

新学年に進級した後は、

当然ながら、その学年の教科書を使った授業が

どんどん進んでいきます。

 

ですので、

前の学年の学習内容での「苦手な部分」を放置してしまっていたら

新学年の授業に多大な影響が出てしまいかねません!

 

特に「算数」は、前の学年で学習した「理論」「考え方」を利用して

次の学年の学習が進んでいく「積み上げ教科」であるため、

たった1か所の「理解できていない箇所」が命取りになり、

どんどんと「分からない部分」が増えていき、

「授業についていけなくなる」危険性が!!!

 

でも、春休み中に

お子さんの「苦手」をしっかりと克服しておけば

このような「危険」を回避できる可能性は十分!

 

進級直後に、前学年の復習をしてくれる先生もいらっしゃるかも知れませんが

 

時間を割けたとしても短時間

「個別」のフォローは難しい

 

というのが現実でしょう。

 

苦手の克服を「学校任せ」にするのではなく、

家庭でこの時期に、しっかりフォローするのが大切ですよ。

 

 

春休みに「苦手」を克服する3つの方法

①塾の「春期講習」を利用する

これは

 

親が勉強を教える時間的余裕がない

子どもに勉強を教えるのが苦手

 

という方におすすめの方法。

 

塾の春期講習は

 

綿密なカリキュラムが組まれている

分かりやすく教えるためのノウハウを持っている

 

ため、

効率的に「苦手を克服」する事が可能に!

 

ここでご紹介する3つの方法のうち、

一番金銭的負担が大きくなってしまいますが、

 

プロに教えてもらえる

 

というのは大きな魅力だと思いますし、

塾によっては「1教科」からの受講も可能な場合もあるため

「苦手な教科のみの受講」を検討するのもアリ!

 

各学習塾では既に講習の受付が始まっているはず。

 

「春期講習を受けてみようかな・・・」

 

と感じている方は、

早めに希望の塾に問い合わせをしてみてくださいね♪

 

 

②市販の「復習用ドリル」を利用する

 

なるべくお金をかけずに苦手を克服したい

親が子どもの勉強を見る余裕がある

 

という方におすすめなのが

市販の「復習用ドリル」を利用する方法。

 

「復習用ドリル」は、

1冊で効率的に「前学年の復習」ができますし、

 

塾のように「時間の拘束」がない

費用が塾に比べ圧倒的に安い

 

というのが大きな魅力。

 

今の時期、書店には新学年の参考書と並んで、

様々なタイプの「復習用ドリル」が販売されていますので、

お子さんに合った1冊を選んでみてはいかがでしょうか?

 

【おすすめの復習用ドリル】

 

学研の総復習ドリル

小学1年生用

小学2年生用

小学3年生用

小学4年生用

小学5年生用

小学6年生用

 

③タブレット教材の利用

 

タブレット教材は

 

音声・映像を利用して勉強を分かりやすく教えてくれている

 

という部分がある一方、

 

塾に比べて費用は安め

自由な時間に勉強ができる

 

という側面があるため、

 

「塾」と「ドリル」双方の「いいとこどり」の教材

 

と、言えると思います。

 

「タブレットを使って学習をする」という事そのものが

子どもにとって

 

「いつもと違って楽しい!」

「ゲーム感覚で勉強できる」

 

と感じられ、

 

学習に対するモチベーションがアップする

 

という効果が期待できる可能性大。

 

イクジラでは以前

 

【限定クーポン有】risu算数タブレット本音の口コミ!小4の娘への効果&体験談

 

という記事が掲載されました。

人気のタブレット教材「risu」について詳しく書かれているので、

ぜひアクセスしてみてくださいね♪

 

 

おわりに

 

「学校」は、子どもが起きている時間の大部分を過ごす場所。

そして、そのカリキュラムは

国語・算数・理科・社会の主要教科が中心に構成されているため、

 

学校の勉強について行けない

授業内容が理解できない

 

というのは、

大きなストレスになるばかりではなく

 

やる気の低下

自信喪失

 

に繋がってしまうリスクも。

 

お子さんが自信をもって、

明るくイキイキとした学校生活を送るためにも、

 

春休中にしっかりと苦手を克服しておく

 

事を、強くおすすめします。

 

ご家庭に合ったスタイルを選んで、

無理なく取り組んでみてくださいね♪

この記事のタイトルとURLをコピーする
あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

山中みさと

山中みさと

1981年生まれ、宮城県仙台市出身、千葉県在住。
2007年6月生まれの娘・2018年8月生まれの黒猫(男の子)の子育て真っ最中。
大学卒業後は出産まで図書館に司書として勤務。
結婚後は、子どもの幼稚園・小学校でPTA役員を経験。
教員免許(中高・国語)、司書資格、司書教諭資格を持つほか、
学生時代、塾講師のアルバイトの経験もあり。
趣味は、読書、アニメ。


10年近く育児をしてきた中で、
いいことだけではなく、困ってしまったこと、悩んだこと、
壁にぶつかったことなど、たくさんの経験をしてきました。

そんな私の経験を記事にし、
少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • アパガードの子ども向け商品アパキッズは何歳から使えてどんな効果があるの?

  • 子どもの虫よけ!リングタイプが園に不向きな2つの理由とは?

  • 携帯エチケット袋ハイポットは嘔吐時の使いやすさ◎な上に処理が楽!

  • ママ友との物の貸し借りに注意!借りパクしない・されないための工夫

関連記事

  • 【アンケート結果】小学生に携帯電話って必要?いつから持たせた?メリットは?

  • 1歳クレヨンデビュー完了!BABY COLOR(ベビーコロール)は誤飲対策もばっちり!

  • Baby feetってなに?独特の形で、正しい歩き方を身につけよう!

  • 心が熱くなる、お勧めの曲!子育てに行き詰まった時に聴いてみて

  • 赤ちゃんモデル募集に応募して狙った事!2歳の娘と私の無料オーディション体験談

  • 那覇空港でも買える、おすすめの沖縄土産15選!ママ友に喜ばれるお土産はコレ