1. TOP
  2. 子育て
  3. 育児
  4. 子供一人のお留守番は何歳いつから?小学生の娘のケース(注意点)をご紹介

子供一人のお留守番は何歳いつから?小学生の娘のケース(注意点)をご紹介

 2017/12/15 育児 子育て
この記事は約 4 分で読めます。 177 Views

私たちが子どもの頃は、幼いうちから経験させる家が多かったお留守番。

 

今は、時代も変わり、

お留守番に対して、慎重な考えを持っている親御さんが増えてきました。

 

私自身は小学校に入学する前から

お留守番をしていた記憶があります。

 

幼い妹と2人で、大人のいない家に残され、

とても心細い思いをした記憶があったので、

同じ思いを娘にさせるまいと強く感じていました。

 

そして、我が子のお留守番開始は、小学1年生の時。

本人が

「私、お留守番をしてみたい」

と、言い出したことがきっかけでした。

 

でも、本人に意欲があっても、

親としては、何の準備もなく幼い我が子を家に残すのは心配なもの。

 

そこで、段階を踏んで「お留守番」を経験させ、

親子ともに、慣れることにしました。

 

そんな、我が家の経験談をご紹介していきます。

 

 

お留守番に慣れるため訓練

 

最初は5分程度から

 

急に長時間のお留守番をさせるのは心配だったので、

まずは、ごく短い時間から始めました。

 

・隣の家に回覧板を届けに行く間

・近くのポストに郵便物を出しに行く間

・ゴミを出しに行く間

 

など、時間にして5分以内で済むような用事の際、

子どもに、家でお留守番をしてもらうようにしました。

 

 

徐々に時間を延ばしていく

 

5分以内のお留守番に慣れてきたら、徐々に時間を延ばしていきました。

 

次は、銀行でお金を下ろしてくる10~15分程度の間

それにも慣れてきたら、スーパーに買い物に行っている30分程度の間・・・

 

と、いうように、小さいステップを1つずつクリアさせていき

少しずつ、お留守番の時間を長くしていきました。

 

 

現在の様子

 

現在、小学4年生になる娘は

2時間程度のお留守番ができるようになりました。

 

それを超えるお留守番には、まだ不安を感じるようなので

無理強いはしないようにしていますが、

本人が

「もっと長いお留守番に挑戦したい」

と言うようになったら、

また、少しずつ時間を延ばしていくつもりです。

 

 お留守番の際に大切なこと

 

約束を決める

 

安全にお留守番をしてもらうために、

「お留守番時の約束」を決めておくことが大切です。

 

我が家では、子どもと次のような約束をしています。

 

①インターホンが鳴っても対応しない

②電話には出ない

③コンロには手を触れない

④外出しない

⑤庭やベランダに出ない

 

このように「やってほしくないこと」を約束事にし、

理由も含めて、お子さんと事前に話しておくことが大切です。

 

お留守番の際には、必ず紙に書いておき

目につきやすいところに置いておくと良いと思います。

 

 

無理強いをしない

 

子どもにとって、親のいない家で過ごすのは

大人が思っている以上に大きな不安があるもの。

 

私は小さい頃、強制的にお留守番をさせられたことがありますが、

その時の心細さ、恐怖は、今でもハッキリ覚えています。

 

そのため、我が家は

 

・お留守番の開始は、子どもの心の準備ができてから

・決して無理強いはしない

 

ということを徹底していました。

 

「もう〇歳になったから、お留守番くらいできないと」

などと、年齢にとらわれるのではなく、

お子さん側の心の準備ができ、自分から

「お留守番をしてみたい!」

と、言うようになってから開始し、

無理のないペースで進めていくことをお勧めしたいです。

 

 

おわりに

 

子どものお留守番について、

我が家の体験談をご紹介してきました。

 

これは、あくまで1つの例であり

決して「正解」ではありませんが、

 

「いつから、子どもをお留守番させよう」

「どうやってお留守番をさせたらいいか分からない」

 

と、悩んでいる親御さんの参考になれば幸いです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

山中みさと

山中みさと

1981年生まれ、宮城県仙台市出身、千葉県在住。
2007年6月生まれの娘を持つ母。
大学卒業後は出産まで図書館に司書として勤務。
結婚後は、子どもの幼稚園・小学校でPTA役員を経験。
教員免許(中高・国語)、司書資格、司書教諭資格を持つほか、
学生時代、塾講師のアルバイトの経験もあり。
趣味は、読書、アニメ。


10年近く育児をしてきた中で、
いいことだけではなく、困ってしまったこと、悩んだこと、
壁にぶつかったことなど、たくさんの経験をしてきました。

そんな私の経験を記事にし、
少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • さくらももこさんが大切にしていた子育てのポリシーとは

  • 忙しい夫と上手にコミュニケーションを取る「裏技」をご紹介

  • 『SLAM DUNK』には子育て中の悩みを救う「名言」がいっぱい!

  • 子ども服シェアリングサービス「KIDS ROBE」のお得さが凄い!

関連記事

  • 忙しい夫と上手にコミュニケーションを取る「裏技」をご紹介

  • 非常識だけど法的にはOK!赤ちゃんおんぶして自転車事故、マナーを見直そう

  • 生後10ヶ月赤ちゃんとの1日の流れ!理想のタイムスケジュール公開します

  • 読み聞かせのマンネリ解消!~無料で使えるサイト3選~

  • 空の巣症候群を防ぐために今のうちから心がけるべき事をご紹介

  • ランドセル選びで絶対に後悔しないためのポイントをご紹介!