1. TOP
  2. 子育て
  3. 健康・病気
  4. 意外と知らない「はしか(麻疹)」とは?予防方法やワクチン接種の注意点まとめ

意外と知らない「はしか(麻疹)」とは?予防方法やワクチン接種の注意点まとめ

健康・病気 子育て
この記事は約 3 分で読めます。

連日、はしか(麻疹)についてニュースで情報が流れています。よく耳にするけど、意外と知らないはしか(麻疹)とワクチンの重要性について薬剤師目線で簡単にまとめてみました。

はしか(麻疹)の流行

はしか(麻疹)は、一般的に小児における感染症です。
しかし、成人においても免疫がなければ発症し、重症化する可能性があります。
2008年に若者を中心に全国流行したはしか(麻疹)、2013年に成人男性を中心に全国流行した風疹に代表されるように、ひとたびウイルスが持ち込まれると、免疫が低い人を中心として流行します。

 

はしか(麻疹)流行で考えられる影響

はしか(麻疹)を発症すると、本人の重症化の可能性に加え、他者への感染源となることから迅速な対応が求められます。
学校や病院などの施設で流行すると、抗体価測定検査(抵抗力があるか確認するための検査)の実施や予定手術が実施出来ないなど、経済的にも大きな影響が出ると言われています。

感染症学雑誌. 2001 75(6):480-484.

 

はしか(麻疹)の予防

はしか(麻疹)は、現在2回の予防接種が小児の定期接種に導入されています。
なので、小児の患者数は減少し、予防接種を2回行っていない成人の方が多く発症しています。
一方、おたふく風邪(流行性耳下腺炎)については、小児を中心に毎年数十万人規模の患者が発生しており、2014年より水痘については定期接種に追加されました。
米国では2回接種が徹底されており、はしか(麻疹)のみならず、おたふく風邪(流行性耳下腺炎)も重症者が激減したことが報告されています。

 

ワクチンについて

ワクチンは1回接種で90%以上の免疫獲得が期待出来ます。
しかし、数%の1次性ワクチン不全や、接種後の時間経過と共に免疫が低下し発症する2次性ワクチン不全が知られています。
感染症流行予測調査事業によると、麻疹・風疹の1回接種後の抗体保有率は約95%、2回接種後の抗体保有率は約99%とされています。
過去の接種状況に併せた対応が重要かもしれません。

 

 

ワクチンの注意点

ワクチンは生ワクチンであり、中27日以上の間隔を空けて接種する必要があります。
また、女性の接種に際しては、妊娠している可能性がないことを確認し、接種後2ヶ月間は妊娠を避ける必要があります。
はしか(麻疹)の感染経路は空気・飛沫・接触感染、ですので、特に多数の人を相手にするお仕事(病院・学校など)をされている方は、免疫を獲得しておく事が望ましいと思われます。

 

最後に

簡単にはしか(麻疹)について、まとめてみました。
子供の病気のイメージですが大人における流行が心配されています。
ワクチンの重要性など、改めて確認頂けると嬉しく思います。

この記事のタイトルとURLをコピーする
あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Katti

Katti

愛知県出身。総合病院に勤める薬剤師です。病院でのお薬の適切な管理に日々奔走しています。職場でも忙しく働く傍らで、家庭でも子供達とバタバタと楽しく過ごしています。オン・オフをしっかりして、家族との時間を大切にしたいと心掛けています。

<ライターからのご挨拶>
お薬って使う機会が多いですが、意外と知らないことが多いです。特に子供に使うとき、心配になることがありますよね。熱を出したりしたときなど、安心してお薬を使えるようなヒントを提供できたらと思っています。よろしくお願いします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 意外と知らない「はしか(麻疹)」とは?予防方法やワクチン接種の注意点まとめ

  • 咳エチケットの意味を正しく理解!マナーを守りインフルエンザ予防しよう

  • インフルエンザ予防に効果的な手洗いの仕方を解説!なぜ日常的に重要なのか?

  • ワクチン・予防接種って何だろう?種類や接種間隔・注意点まとめ

関連記事

  • 生後5か月の息子が好きな野菜ベスト3!離乳食初期の子におすすめの食材

  • 忙しい夫と上手にコミュニケーションを取る「裏技」をご紹介

  • 乳児湿疹治らない!生後4ヶ月でアトピー性皮膚炎と診断された体験談

  • 赤ちゃんの洗濯洗剤おすすめ10選!口コミや選び方をご紹介

  • 乾燥対策で体調管理!加湿器以外で室内に適度な湿度を保つ方法!

  • 苦手なママ友との付き合いは、上手にコツを掴んで乗り切ろう!