1. TOP
  2. 暮らしのアイディア
  3. ファッション
  4. 簡単こどもの髪型アレンジ♪1、2歳児におすすめの「くるりんぱ」でスッキリ

簡単こどもの髪型アレンジ♪1、2歳児におすすめの「くるりんぱ」でスッキリ

 2020/01/27 ファッション 暮らしのアイディア
この記事は約 4 分で読めます。

女の子のママさん、お子さんが1歳を過ぎると少しずつ髪の毛が伸びてきて、

女の子らしさが増していることと思います。

「七五三には地毛で結えるかな~?」などと楽しみにしているママさんもいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、普段は髪の毛をそのままにしておくと、食事の時に食べ物が絡んだりして悲惨な状態になってしまうので、すっきりまとめておきたいというのがママ心…なのではないでしょうか。

筆者の娘1歳は、つむじの位置の問題で前髪(勝手に前に流れてくる)がものすごく多く、本人が暑がってしまうためにかなり早い段階から

前髪全部、または半分程度をヘアゴムでとめていました。しかし、本人が気になって触ってしまいすぐに取れてしまったり、いつの間にか外して

ヘアゴムが行方不明になり、娘が飲み込んでしまっていないかとドキドキしながら必死に探すことも多かったです。

赤ちゃんの髪の毛はサラサラで柔らかいので、簡単に外れてしまいヘアゴムがうまく固定しないのが毎日の悩みでもありました。

そこで、大人のヘアアレンジでも使われている「くるりんぱ」で結び目にひと手間加えたところ、状況が劇的に改善したので

同じ悩みを持つママさんにご紹介したいと思います。

「くるりんぱ」の基本工程

①毛束をゆるめにヘアゴムでとめる

②ゴムの結び目の上の髪の毛を半分に分けて穴をあける

③穴にゴムの結び目を上から下に通し、続いて毛先まですべてくぐらせる

基本的にはこれだけです。応用が無限にきくので、くるりんぱを繰り返して全体をまとめたり、毛束を無造作に引き出して大人っぽくしたりできます。

百均やドラックストアなどでも簡単に手に入る、細いヘアゴムを使用すると、結び目が目立たず嵩張らないのでおすすめです。

小さいお子さんは髪が少ないので、いちばん小さいサイズが良いと思います。

「くるりんぱ」をすることで得られた効果

髪を気にして触らなくなった

普通に結ぶよりも、動いた時に毛束の揺れが少ないので、結んでいることが気にならないようです。

頭に手を持っていく動作が少なくなりました。

結び目が髪の毛に隠れるので自分では外しにくい

くるりんぱの奥まったところにヘアゴムが隠れるので、仮に子供が自分で触っても簡単には外せない状態になりました。

ヘアゴムの捜索時間が劇的になくなり、他のことに時間を費やせるのはママにとって嬉しい限りですよね!

お昼寝しても崩れにくい

寝る姿勢などの個人差があるとは思いますが、娘の場合はお昼寝のあとも崩れが気にならず、結び直すことが少なくなりました。

元々「くるりんぱ」が「ゆるふわ系」の崩したスタイルでもあるので、多少の崩れなら気になりにくいのかもしれません。

簡単で見た目もおしゃれ

1~2歳のヘアアレンジは、とにかく子供が動き回るので「時間をかけられない」ということですよね(笑)

くるりんぱにかける時間はわずか数秒。なのに、ちょっと手の込んだ雰囲気の仕上がりになるのが不思議です。

帽子をかぶる時にも結び目や毛束の形が飛び出ていびつにならないので良いですね♪

手をかけていないだけに、仮に崩れてもママのがっかりストレスがないのも嬉しい点です。

おわりに

子供の成長が嬉しい反面、とくに女の子は徐々に身だしなみやお手入れにも手間がかかってきますよね。

毎日慌ただしい中ですが、簡単テクニックを上手に使って、ママもストレスを溜めることなくお子さんと一緒におしゃれを楽しめると良いですね♪

応用もしやすいので、ぜひいろいろなヘアスタイルに挑戦してみてください(^^)/

この記事のタイトルとURLをコピーする
あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

くるくる

くるくる

2018年1月生まれの女の子を育てるアラフォーお母さんです。

出産と夫の転勤に伴う引っ越しを機に、勤めていた会社を退職し独立。
「色彩心理診断士」という心の健康診断とカウンセリングをするお仕事をしています。

すべての子どもが笑顔で大人になるための、現オトナの心の大掃除。
小さいようで、実はでっかい夢を持っています(笑)

宇宙からやってきたムスメが、いろんなことを教えてくれる最強の上司です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ちびっこ連れ外食の選択肢を広げる★おでかけバッグに携帯したいお食事アイテム

  • 引っ越しを控えた園選びってどうする?“遠隔地園活”体験記録

  • お気に入りの絵本を自分色に!「わたしだけのはらぺこあおむし」レビュー

  • 簡単★楽しい!水飲まない子供が自らゴクゴク水分補給してくれる工夫4選

関連記事

  • 専業主婦に生命保険は必要ない?年収0円の考え方と死亡保障見直し

  • 親子リンクコーデの格上げ術!夏はちょこっとハンドメイドに挑戦

  • 型紙いらずで超簡単!大人服から子供服へのリメイク法5選

  • 簡単で小さい子にも優しく楽しめるクラッカーと空気砲の作り方!

  • ワンコインで楽しむ!家計にやさしい主婦の「自分へのごほうび」のススメ

  • 春の卒業、入学式に着物を着て出席しよう!卒業式の着物選び保護者おすすめは色無地