1. TOP
  2. 子育て
  3. 健康・病気
  4. 赤ちゃんが喜ぶ便秘解消法!おやつに自家製ルイボスティーゼリーがおすすめ

赤ちゃんが喜ぶ便秘解消法!おやつに自家製ルイボスティーゼリーがおすすめ

赤ちゃんのお世話奮闘中のパパさんママさん、お子様は地球の生活には慣れてきましたか?
ちなみにうちの娘は1歳半になりましたが…まだまだ宇宙人感満載です(笑)
さて、食べ物の消化練習中の離乳食期赤ちゃんは、しばしば便秘を起こしますよね。
水分と食物繊維を!と心配していろいろ試みるも、親の心子知らずでなかなか思うように食事や水分を取ってもらえないと悩む方も多いのではないでしょうか?
今回は、たまたま自宅にあった材料で偶然にできた、我が家の赤ちゃんが喜ぶ便秘解消メニューをご紹介いたします。

自家製ルイボスティーゼリーの材料

・ルイボスティー
・寒天またはゼラチン
・お好みのフルーツ

妊婦さんや授乳中ママも愛用のルイボスティー

ノンカフェインで、ホットでもアイスでも飲みやすいため、ご自宅に常備しているというママさんは多いですよね。

ルイボスティーには便秘解消の効果もあり、身体をキレイにするお茶でもあると知られていますよね。

もちろん、ルイボスティーは赤ちゃんが飲んでも問題ないです。

しかし、ミルクや母乳のような甘味がないこともあって赤ちゃんに好んでもらえず、そのままだとなかなか上手に飲ませることができないと悩む人も多いです…。

小出しに使える便利な個包装粉寒天またはゼラチン

寒天もゼラチンも共に便秘解消の効果があります。口触りが楽しく、子供の大好物!
今回はこの魔法の粉を使って、パパさんママさんの希望を全部盛り込みます♪

お好みのフルーツ

最初は赤ちゃんがいつも好んで食べている、口が慣れているフルーツを。
冷凍のミックスベリーは、包丁を使わず、洗い物も少なく済むのでお手軽でおすすめです。
ちなみに写真は、旬を迎えた完熟桃です♪

自家製ルイボスティーゼリーの作り方

基本的には、粉寒天・ゼラチンの商品に作り方が書いてあります。
各商品に従った分量・手順です。

ポイントは、水の代わりにルイボスティー(水出しもしくは常温まで冷ましたもの)を使用します。

① フルーツは赤ちゃんの月齢に応じて食べやすい大きさにカットしたりミキサーにかけます。固形のりんごなど、やわらかくする必要があるものは予めレンジや手鍋で加熱しておきます。
② 粉寒天もしくはゼラチンと常温のルイボスティーを鍋にかけ、温めながら溶かします。火にかける長さなどは各商品説明に従ってください。

③ 火を止め、①を混ぜ合わせます。

④ 容器に移して荒熱をとり、冷蔵庫で冷やします。※小分けできる蓋つき製氷皿が便利です。

⑤ 固まったらできあがりです。

賞味期限が2日程度なので、具を2種類用意して半分ずつにするなど工夫すると、毎食出しても飽きずにたっぷりルイボスティーを摂取してもらえます。フルーツだとデザート風、野菜を入れると前菜風で楽しめます♪

「市販のゼリーは果物以外の糖分が多くて気になる」「お茶を飲まないからといってジュース癖をつけたくない」など、お子様の健康を気遣うパパさんママさんには打って付けの便秘解消簡単レシピでした。
おいしいお顔でモリモリ食べてくれる喜びを、ぜひ実感してみてくださいね!

この記事のタイトルとURLをコピーする
あなたにおすすめの記事

\ SNSでシェアしよう! /

イクジラの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イクジラの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

くるくる

くるくる

2018年1月生まれの女の子を育てるアラフォーお母さんです。

出産と夫の転勤に伴う引っ越しを機に、勤めていた会社を退職し独立。
「色彩心理診断士」という心の健康診断とカウンセリングをするお仕事をしています。

すべての子どもが笑顔で大人になるための、現オトナの心の大掃除。
小さいようで、実はでっかい夢を持っています(笑)

宇宙からやってきたムスメが、いろんなことを教えてくれる最強の上司です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • お薬手帳アプリのメリットとデメリットを徹底レビュー!使ってみた正直な感想

  • 実体験!仕上げみがきお助けアイテム【サポうさ・歯磨きカチューシャ】の検証結果をご紹介

  • 子供の歯医者デビューいつから?早くデビューするメリットを元・歯科助手が解説!

  • 便利で楽しいエコポーチの作り方!お気に入りのお菓子の袋を再利用

関連記事

  • 無添加だから安心は間違い!赤ちゃんの肌に合う石鹸の選び方

  • 実家は子どもに危険がいっぱい!100均グッズで安全対策じじばば気をつけて

  • 母子家庭の習い事事情※複数通わせる余裕が無いので無料イベントも活用

  • 正しい性教育は何歳から?日本と海外の国別の性教育の違いまとめ!

  • どうすればいい?我が子がいじめにあった時 ~元当事者の立場から、お父さん・お母さんへ~

  • 子供の紫外線対策は必要?将来シミが増えない為に本気の日焼け止め